FWネイマールが2014年ブラジルW杯を振り返り「キャリア終了寸前だった」

記事まとめ

  • FWネイマールが2014年にブラジルで行われたW杯での“悪夢”について言及した
  • 準々決勝ではコロンビア代表DFフアン・カミーロ・スニガからひざ蹴りを受け負傷し離脱
  • 自身のキャリアで2014年W杯が最悪だったといい、キャリア終了寸前だったと振り返った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております