メッシがバルセロナで通算600試合出場を達成…クラブ史上3人目の快挙

メッシがバルセロナで通算600試合出場を達成…クラブ史上3人目の快挙

バルセロナで通算600試合出場を達成したメッシ [写真]=Getty Images

 バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、リーガ・エスパニョーラ第11節セビージャ戦でトップチームでの出場数600試合を達成した。4日にクラブ公式HPが様々な記録とともに伝えている。

 2004年10月にトップデビューを果たしたメッシはセビージャ戦で先発出場。2−1での勝利に貢献し、通算600試合の記録に華を添えた。

 バルセロナでの600試合出場は、767試合に出場した元スペイン代表MFシャビ・エルナンデス、642試合出場のスペイン代表MFアンドレス・イニエスタに次ぐクラブ史上3選手目の快挙であり、外国人選手としては、最も出場していることになる。

 メッシの出場数の内訳は、リーグ戦393試合、チャンピオンズリーグ(CL)119試合、コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)62試合、スーペルコパ・デ・エスパーニャ(スペインスーパーカップ)17試合、クラブ・ワールドカップ5試合、UEFAスーパーカップ4試合となっている。またメッシが出場した600試合のうち、425勝を挙げ、その勝率は実に71パーセントを記録している。

 バルセロナは、メッシが出場した600試合でカップ戦を含め合計30回の優勝。個人タイトルにおいても、バロンドール5回、ゴールデンシュー(欧州得点王)4回、リーガ得点王4回、CL得点王5回、FIFAワールドプレーヤー1回と、計19回受賞という偉業を成し遂げた。

関連記事(外部サイト)