「完全移籍は難しい」と指揮官…アーセナル、今季の補強はレンタルのみ?

「完全移籍は難しい」と指揮官…アーセナル、今季の補強はレンタルのみ?

エメリ監督はアーセナルの補強方針について語った [写真]=Getty Images

 アーセナルを率いるウナイ・エメリ監督は、今冬の移籍市場での補強方針についてコメントを残した。10日にイギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

 今シーズンからクラブを率いることになったエメリ監督は、クラブの再建を任された。夏季の移籍市場ではドイツ人GKベルント・レノやウルグアイ代表MFルーカス・トレイラなど、複数の選手を完全移籍で獲得。シーズン開幕後は22試合連続無敗を貫くなど、新体制は好調なスタートを切った。

 しかし、12月に入り守備陣の負傷者が続出。サイドバックをセンターバックで起用するなど、複雑なチーム編成へとエメリ監督は追い込まれ、不調なパフォーマンスが続いてしまった。

 同監督は今冬移籍市場で大型な補強を試みていたものの、アーセナルはレンタル移籍でしか選手を獲得できないという。

 エメリ監督は移籍方針について次のように語った。

「我々は完全移籍で選手を獲得することはできない。今冬の移籍市場ではレンタル移籍での獲得だけになる」

「クラブはチームの力となる選手を探している。しかし、レンタル移籍に応じてくれる選手といった条件つきになるため、補強は予想以上に難しいものになるかもしれない」

関連記事(外部サイト)