宇良、幕内で「勝ち越しを」=大相撲

宇良、幕内で「勝ち越しを」=大相撲

7月の大相撲名古屋場所へ向け、稽古場で汗を流す宇良(中央)=7日午前、東京都墨田区の木瀬部屋(代表撮影)

 宇良は7日、東京都墨田区の木瀬部屋で志摩ノ海や徳勝龍らと9番取った。大相撲名古屋場所(7月4日初日、愛知・ドルフィンズアリーナ)では21場所ぶりの幕内復帰が確実。「出るからには勝ち越しを目指してやる」と意気込みを示した。

 右膝の大けがなどで、西序二段106枚目まで番付を落としただけに、「残りの相撲人生で、運が良かったら関取に一度でも挑戦できるところにいけたらな、と思っていた」。自身の想像を超えた復活に感慨深げだった。 (了)

【時事通信社】

×