元幕内豊響が引退=年寄「山科」襲名―大相撲

 日本相撲協会は7日、元幕内で西三段目71枚目の豊響(36)=本名門元隆太、山口県出身、境川部屋=の現役引退と年寄「山科」襲名を発表した。同日付で山科親方(元幕内佐田の富士)が年寄「出来山」に名跡を変更した。

 豊響は十両だった2018年の初場所を「心房細動」などで全休して幕下に転落。今年は1月の初場所から3場所続けて全休していた。 

 山口・響高出身の豊響は05年初場所で初土俵を踏み、07年初場所で新十両、同年名古屋場所で新入幕。力強い突き押しを武器に活躍した。網膜剥離から復帰し、12年夏場所では白鵬から金星を獲得。幕内在位は52場所で、三賞は敢闘賞3回。(了)【時事通信社】

×