師匠「よく頑張った」=照ノ富士横綱昇進―大相撲

師匠「よく頑張った」=照ノ富士横綱昇進―大相撲

伝達式後、記者会見に臨む新横綱の照ノ富士(左)と師匠の伊勢ケ浜親方=21日午前、東京都江東区の伊勢ケ浜部屋(代表撮影)

 両膝の大けがなどで失意のどん底にいた照ノ富士に、師匠の伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)は寄り添い続けてきた。「ここまで来たんだなという感じ。よく頑張ったんじゃないか」。晴れの伝達式を終え、感慨もひとしおの様子だった。

 口上の文言を考える際には、相談に乗った。堂々とした口ぶりで述べた照ノ富士が「自分の中では満点」と言えば、師匠は「よく言ったんじゃないか」と褒めた。

 土俵入りの指導では、不知火型を自ら伝授するという。「これからもしっかりとした気持ちを持って、やれることを最大限やってほしい」。まな弟子の華々しい将来に期待を込めた。 (了)

【時事通信社】