御嶽海、5連勝にも淡々=大相撲初場所

御嶽海、5連勝にも淡々=大相撲初場所

御嶽海(左)は霧馬山を押し出しで下す=13日、東京・両国国技館

 御嶽海は冷静だった。もろ手突きできた霧馬山の立ち合いに動じず、回り込んで体勢を整えてから押し出した。「何がきてもいいように、自分の相撲を取るだけ」。5連勝にも「ここまではいつも通り」と、淡々と話した。

 大事な局面で崩れる安定感の無さが課題とされている。目標に掲げるのは2桁勝利。大関昇進の足固めを狙う実力者は、「ここから気持ちを上げてやっていく」と自らを奮い立たせた。 (了)

【時事通信社】