支度部屋=大相撲初場所

支度部屋=大相撲初場所

天空海(右)は千代の国をはたき込みで破る=14日、東京・両国国技館

 ◇ようやく光が

 天空海 千代の国を破って初日。「立ち合いで当たれた。ようやく闇から光が見えた感じ」と一安心。

 ◇自分の相撲を

 若隆景 激しい攻防の末、明生を押し出す。4連敗からの2連勝にも、「一日一番、しっかり自分の相撲を取りたい」。

 ◇一番いい相撲

 王鵬 元大関で腰の重い栃ノ心を、万全の寄りで破る。「しっかり前に出られた。一番いい相撲が取れた」と満足そうに。

 ◇どしっとしたい

 逸ノ城 落ち着いた取り口で大関正代を寄り切る。「きょうは慌てなかった。これからも、どしっとした相撲を取っていきたい」(了)

【時事通信社】