支度部屋=大相撲夏場所

 ◇体が勝手に

 碧山 佐田の海に押し出されて土がつく。「引かないことを頭の中に入れていたが、体が勝手に動いてしまった。それが駄目だった」

 ◇詰め甘かった

 宝富士 7連敗。隠岐の海に土俵際で突き落とされ、「自分から攻める気持ちでいけたのはよかったが、詰めが甘くて足が出なかった」。

 ◇弱いから

 若元春 行司差し違えで敗れる。得意の左四つに組んで攻めながら、琴勝峰の逆転のすくい投げを食い、「あそこで勝てないのは弱いから」。

 ◇内容もいい

 大栄翔 御嶽海を激しく攻め抜いて5勝目。豊昇龍に完敗した6日目の取り口を反省し、「当たって、いい相撲を取ろうと思っていた。内容も良かった」と満足げ。(了)【時事通信社】