正代、ずるずる6敗目=大相撲夏場所

 正代はいいところなく黒星を喫して6敗目。もろ手できた北勝富士に起こされ、二の矢も受け止め切れずに土俵を割った。精神面の落ち着きのなさを実感しているといい、「自分が思っている以上に体が動いてくれない」と首をかしげた。

 大関かど番だった先場所は4連敗スタートから持ち直して9勝を挙げたものの、今場所は好転の兆しが見えない。4日目の白星を機に「変わると思ったが、悪いところばかり」。ため息をついた。(了)【時事通信社】