苦しんでも横綱=大相撲夏場所

 照ノ富士は、苦しんでも負けなかった。遠藤にもろ差しを許したが、左から小手に振って応戦。肩透かしを引いた相手を押しつぶすようにしてはたき込んだ。連敗はせず、「冷静に対応できたんじゃないか」と振り返った。

 今場所は踏み込めず、押し相撲に苦戦する内容も目立つ。この日も先手を取られており、「早く立ち合いの感覚をつかみたい」と横綱。土俵下で見た師匠の伊勢ケ浜審判部長(元横綱旭富士)も「当たってから受けないといけない」と指摘した。(了)【時事通信社】