朝乃山が復帰後初黒星 来場所での十両復帰ならず 大相撲秋場所

朝乃山が復帰後初黒星 来場所での十両復帰ならず 大相撲秋場所

勇磨(手前)を押し込む朝乃山=東京・両国国技館で2022年9月21日午後2時2分、高野裕士撮影

 大相撲秋場所11日目の21日、元大関で東幕下15枚目の朝乃山(28)=高砂部屋=が東幕下28枚目の勇磨(24)=阿武松部屋=に突き落としで敗れて5勝1敗となり、11月の九州場所での十両復帰の可能性はなくなった。

 朝乃山が敗れるのは、日本相撲協会の新型コロナウイルス感染対策のガイドライン違反による出場停止処分から復帰して2場所目で初めて。取組後の取材には応じなかった。

 朝乃山は7月の名古屋場所は三段目で7戦全勝で優勝し、秋場所は全勝すれば十両に返り咲く可能性がある幕下15枚目まで番付を上げていた。【高野裕士】

関連記事(外部サイト)