カド番の御嶽海が6連敗で負け越し 大関からの陥落決定 秋場所

カド番の御嶽海が6連敗で負け越し 大関からの陥落決定 秋場所

御嶽海=猪飼健史撮影

 大相撲の西大関・御嶽海(29)=出羽海部屋=が秋場所11日目の21日、平幕の佐田の海に敗れて3勝8敗となり、カド番での負け越しが決まって11月の九州場所で関脇へ陥落する。来場所10勝以上を挙げれば特例で大関に復帰できる。

 新大関から在位4場所での陥落は昭和以降で6位タイの短さ。

 御嶽海は初のカド番で臨んだ7月の名古屋場所は6日目までに2勝4敗だったが、新型コロナウイルスの影響で7日目から途中休場。異例となる2場所連続のカド番で迎えた秋場所は6日目から6連敗するなど精彩を欠いた。

 来場所で10勝以上すれば、2019年九州場所の貴景勝以来7人目、8例目の特例での大関復帰となる。【高野裕士】

関連記事(外部サイト)