[知る国技]伝え反り

[知る国技]伝え反り

宇良の「伝え反り」を表示した電光掲示板

 勝負が決した際に勝った力士が仕掛けた技が「決まり手」。相撲協会は現在、82手を決まり手として定めている。1955年に68手と制定し、60年に70手に。今場所4日目に宇良が決めた「伝え反り」や今年春場所で若隆景が決めた「送りつり落とし」などが2001年に追加された。先場所までの過去5年では押し出しが最多の26%で、寄り切り、はたき込みの順で多い。

 決まり手係の親方はビデオ室担当の審判と一緒に取組映像に目を凝らす。「大技よりも、はたき込みと引き落としのように似た技の判断が難しい」と担当歴約4年の熊ヶ谷親方(元幕内玉飛鳥)。「宇良のように何をするか分からない力士は、特に注意して見ています」

関連記事(外部サイト)