玉鷲2敗に後退、北勝富士と錦富士も敗れ単独トップは変わらず

玉鷲2敗に後退、北勝富士と錦富士も敗れ単独トップは変わらず

北勝富士(手前)をはたき込みで下す貴景勝(22日)=田中秀敏撮影

 大相撲秋場所12日目(22日・両国国技館)――玉鷲は若元春に出足を止められ、寄り切りで敗れて2敗に後退したが、2敗だった北勝富士と錦富士がともに敗れたため、単独トップは変わらず。

 北勝富士は大関貴景勝の立ち合い変化にはたき込まれ、錦富士は翔猿に押し出された。3敗は高安、翔猿を合わせた計4人。

 大関正代は豊昇龍の首投げに屈して10敗目。御嶽海は取り直しの末に錦木を突き落とし、連敗を6で止めて4勝目を挙げた。

関連記事(外部サイト)