白鵬休場、右膝痛める「けがと自分の体に向き合い治療を」…横綱不在に

白鵬休場、右膝痛める「けがと自分の体に向き合い治療を」…横綱不在に

膝負傷 白鵬が休場を届け出

白鵬休場、右膝痛める「けがと自分の体に向き合い治療を」…横綱不在に

30日の取組で、御嶽海に突き落としで敗れた白鵬

 大相撲の横綱白鵬関(35)(宮城野部屋)が7月場所13日目の31日、日本相撲協会に休場を届け出た。鶴竜関も2日目から途中休場しており、場所を3日残して横綱が不在となった。

 白鵬関は今場所、自身の持つ最多記録を更新する45度目の優勝を目指して初日から10連勝と快調に勝ち進んでいたが、11日目から2連敗し、優勝争いから一歩後退。師匠の宮城野親方(元幕内竹葉山)によると、12日目の御嶽海関との一番で敗れた際、今場所中に痛めていた右膝を悪化させた。31日、右膝半月板損傷などで「約2週間の加療を要する見込み」との診断書を相撲協会に提出した。

 白鵬関は部屋を通じ、「今はただ一日も早く土俵に戻れるよう、新しいけがと自分の体に向き合い治療いたします」と談話を出した。白鵬関の休場は、腰の挫傷などで4日目から休んだ今年初場所以来。

関連記事(外部サイト)