ボクシング・井岡一翔が世界戦に向け練習公開 「人生をかけて闘いたい」

ボクシング井岡一翔が4階級制覇に向け練習を公開「人生最後の試合になるかも」

記事まとめ

  • 井岡一翔は世界ボクシング機構(WBO)スーパーフライ級王座決定戦で4階級制覇に挑む
  • 都内で公開した練習では対戦相手のアストン・パリクテを想定しスパーリングを重ねた
  • 昨年末にマカオで同級王座決定戦に臨み敗れた井岡は「人生をかけて闘いたい」と語った

ボクシング・井岡一翔が世界戦に向け練習公開 「人生をかけて闘いたい」

ボクシング・井岡一翔が世界戦に向け練習公開 「人生をかけて闘いたい」

WBOスーパーフライ級王座決定戦に向け練習する井岡一翔=東京・品川(戸加里真司撮影)

 世界ボクシング機構(WBO)スーパーフライ級王座決定戦(19日、千葉・幕張メッセ)で4階級制覇に挑む井岡一翔(30)=Reason大貴=が15日、東京都内で練習を公開し、「今までやってきた中でも良い状態。勝って応援してもらっている人に恩返ししたい」と意気込みを語った。

 この日はストレッチの後、シャドーボクシングを2ラウンド行う軽めの調整。米ネバダ州ラスベガスで行った約2カ月間の合宿ですでに体は仕上がっており、対戦相手のアストン・パリクテ(28)=フィリピン=を想定し、高身長の選手とスパーリングを重ねたという。

 井岡は昨年末にマカオで同級王座決定戦に臨み、敗れている。背水の思いは強く、「人生最後の試合になるかもしれない。まだ目指す場所がある。人生をかけて闘いたい」と力を込めた。