暴行の貴ノ富士が釈明会見「げんこつならという甘い考えでいた」

暴行の貴ノ富士が釈明会見「げんこつならという甘い考えでいた」

貴ノ富士が自主引退を否定

暴行の貴ノ富士が釈明会見「げんこつならという甘い考えでいた」

会見する貴ノ富士=東京都千代田区(撮影・桐原正道)

 大相撲の十両貴ノ富士(22)=千賀ノ浦部屋=が付け人の序二段力士に暴行した問題で、日本相撲協会から自主引退を促された貴ノ富士は27日、東京都内で記者会見し、「処分の元になった暴行に、深く反省している」と謝罪した。

 一方、自主引退することは否定し、「今回の処分はあまりに重く受け入れられない。中学から憧れのこの世界に入り、厳しい稽古、相撲道に励んできた私には相撲しかない」と話した。

 貴ノ富士は昨年にも付け人に暴行し、出場停止処分を受けている。2度目の暴行について貴ノ富士は、「自覚が足りなかったなと思っている。げんこつならという甘い考えでいた」と釈明した。

関連記事(外部サイト)