元稀勢の里が断髪式「歓声が最後だと思うと寂しい」

元稀勢の里が断髪式「歓声が最後だと思うと寂しい」

元稀勢の里の断髪式に白鵬ら

元稀勢の里が断髪式「歓声が最後だと思うと寂しい」

断髪式の最後に田子ノ浦親方から大銀杏にはさみを入れられた元横綱稀勢の里の荒磯親方=両国国技館(尾崎修二撮影)

 今年1月に現役引退した元横綱稀勢の里の荒磯親方(33)=本名萩原寛、茨城県出身、田子ノ浦部屋=の引退相撲が29日、東京都墨田区の両国国技館で開かれた。しのぎを削った白鵬、鶴竜の両横綱ら約300人がはさみを入れた。

 断髪式を終えた荒磯親方は「いろんな方に来ていただいて幸せだった。今日であの歓声が最後だと思うと寂しい」と感慨深げに話した。

 この日は先代師匠の鳴戸親方(元横綱隆の里)の誕生日で「横綱とはこういうものだと聞いてきた。(自分も)横綱の気持ちを教えていく務めがある」と後進育成へ決意を語った。

関連記事(外部サイト)