十両復帰の照ノ富士、約2年ぶり関取白星

 大相撲初場所初日は12日、両国国技館で行われ、十両に復帰した照ノ富士が元大関の力を見せつけた。千代鳳の両腕を抱え込みながら寄り、きめ出しで完勝。十両での白星は平成30年春場所以来約2年ぶりで「いい相撲だったと思う」とうなずいた。

 両膝の負傷などで序二段まで下がった。大関経験者が幕下以下で相撲を取るのは初めてだった。久々の土俵入りに「声援が大きくて気持ちよかった」と笑み。15日間相撲を取るのも久しぶりで、「まだ初日なので」と2日目以降を見据えた。

関連記事(外部サイト)