井上尚弥が2年連続MVP ボクシング年間表彰

 ボクシングの2019年度年間優秀選手表彰式が7日、東京都内で開かれ、男子プロ最優秀選手賞は、世界ボクシング協会(WBA)、国際ボクシング連盟(IBF)バンタム級統一王者の井上尚弥(大橋)が2年連続(3度目)で受賞した。

 井上尚は昨年11月、異なる団体の世界王者らで争うワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)同級決勝でノニト・ドネア(フィリピン)を倒し、優勝した。この試合は世界戦年間最高試合に選ばれた。

 井上尚は体調不良で表彰式を欠席。「2年続けてこのような素晴らしい賞をいただき光栄。2019年は僕自身すごく充実した年になった」などとする談話を発表した。

 殊勲賞とKO賞はWBAミドル級王者の村田諒太(帝拳)が受賞。技能賞には日本男子初の世界4階級制覇を果たした世界ボクシング機構(WBO)スーパーフライ級王者の井岡一翔(Reason大貴)が選ばれた。

関連記事(外部サイト)