“野獣”ワウリンカに屈した錦織圭 試合の流れを変えた「些細なプレー」

“野獣”ワウリンカに屈した錦織圭 試合の流れを変えた「些細なプレー」

ワウリンカに逆転負けを喫し、2年ぶりの決勝進出を逃した錦織圭。(写真:Getty Images)

 その選手は、「当たっている時の彼は、世界最強」と言われている。そして錦織圭にとっては不幸なことに、この試合の彼は(特に第2セット中盤以降は)、世界最強モードであった。

 錦織の2年ぶりとなる全米オープン決勝進出の希望は、“野獣”のニックネームも持つ世界ランク3位のスタン・ワウリンカ(スイス)に6-4、5-7、4-6、2-6で阻まれた。

 第1セットの錦織のプレーは、完璧とも言える内容だった。ファーストサーブの確率が高い。コースも良くスピードも出るので、快調に自分のゲームがキープできる。そのサービスゲームの好調さがプレー全体にも伝播するかのように、ストロークの伸びも良い。スピンをかけた高く弾むショットでワウリンカをコート後方に押しやっては、狙い澄ましたドロップショットで次々とポイントを重ねていく。第5ゲームをブレークした錦織が、ほぼノーミスで第1セットを奪い去った。

 第2セットも、錦織優勢の流れは続く。最初のゲームをブレークすると、続く自分のサービスゲームでもストロークで相手を圧倒。このまま錦織が、試合を支配するかに見えた。

 だがその流れは、些細な1つのプレーで風向きを変える。第4ゲームで錦織が犯した、1つのダブルフォルト。この時点では、この1ポイントが大きな意味を持つようには、とても見えなかった。しかし、ダブルフォルトを機にミスが増えた錦織がこのゲームを落とすと、途端にワウリンカのスイッチが入った。

 この時、2万人を超える観客がワウリンカを後押ししたのは、単に良い試合を見たい、あるいは少しでも長い時間を楽しみたいという、判官びいきに似た声援だっただろう。だが一度当たり始めたワウリンカは、観衆の声も味方につけて、さらにギアを上げて加速する。“世界最強”と称される片手バックハンドの強打と打ち分けが、錦織のスピードと読みを上回りだした。

 2日前、世界ランク2位のアンディ・マレーと4時間の死闘を繰り広げた錦織には、一度火のついたワウリンカの勢いを押し留めるだけのエネルギーが残っていなかった。第12ゲームをブレークされ、第2セットはワウリンカの手に。このセット、8本あったブレークチャンスを1つしかモノにできなかった錦織は、「あのセットは取らなくてはいけなかった」と試合後に悔いた。

 この第2セットを失ったことが、結果的には試合そのものの趨勢を決めた。第3セットでは、ブレークされてもすぐに奪い返す意地を見せた錦織だが、明らかに足の動きが止まり始め、第10ゲームをブレークされてセットも落とす。

 第4セットでは立ち上がりから、相手に10連続ポイントを許して主導権を握られた。サーブ&ボレーを幾度も試み、必死に活路を見いだそうとした錦織だが、“野獣”のパワーを止め切れず、3時間7分の戦いの末についに力尽きた。

関連記事(外部サイト)