【ウィンブルドンテニス】錦織圭は3回戦で敗退 冷静さを欠いて格下相手に自滅

記事まとめ

  • 今大会第9シードの錦織圭は3回戦でロベルト・バウティスタに1-3で敗退した
  • 錦織は第6ゲームでは審判に「20秒ルール」の警告を受け、クレームをつける一幕も
  • 芝コートでは棄権が多く(過去9回)、錦織にとっては「鬼門」とさえいわれている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております