全米で錦織以外にもう一人いた日本人ベスト4 綿貫陽介の可能性とは?

全米で錦織以外にもう一人いた日本人ベスト4 綿貫陽介の可能性とは?

全米OPのジュニアでベスト4に入っていた綿貫陽介。ポスト錦織の期待がかかる(写真:Action Images/アフロ)

 錦織圭がベスト4に進出した全米オープンで、もう一人、準決勝まで勝ち進んだ日本人がいた。
 綿貫陽介、18歳。18歳以下によって競われる“ジュニア部門”での快挙であった。

 そのように言ったそばから矛盾するようだが、今年でジュニアを卒業する綿貫本人は、この結果を決して快挙とは捕らえてない。今年3月時点では、ジュニアランキング2位を記録。「ジュニアグランドスラムのタイトルを1つは取りたい」と公言していた彼にとっては、不完全燃焼感の残る最後のジュニアグランドスラムだったようだ。

 181cmの日本人としては恵まれた体躯から繰り出されるサーブと、綺麗なフォームで放たれるストローク――端正なテニスは、彼の生い立ちを思えば納得できるものである。両親はテニスアカデミーの経営者で、兄2人ともにプロテニスプレーヤー。物心がついた時には、ラケットを手にして兄や両親と一緒にボールを追っている……それが彼の、テニスとの出会いであった。

 躍進の時は、プロに転向した今季から訪れる。1月の全豪オープンジュニアで、並み居る強豪を炎天下の熱闘の末に破りベスト8に進出。その後はプロの一般大会にも出場し、“フューチャーズ”と呼ばれるツアーの下部大会で2大会連続優勝。大人の世界でも戦えることを証明し、600位台の世界ランキングも手にしている。それも、勝ち上がる行程で400位台の選手たちを立て続けに破っているのだから、現時点でも既に数字以上の力は十分に持っているだろう。

 ボールをクリーンに打ちぬく能力は識者の間でも定評が高く、まだ線の細い身体を今後鍛え上げていけば、世界相手とも伍して打ち合えるはずだ。綿貫の高い潜在能力は世界の指導者たちの目も引くようで、そのことはセリーナ・ウィリアムズのコーチであり、フランスでアカデミーを経営するパトリック・ムラトグルーらが、綿貫の試合コートに幾度も足を運んでいたことからも見てとれた。

 ただ綿貫本人は、世界で結果を残しながらも、自らの内に大きな葛藤を抱えている。

「本当は、サーブとフォアで攻めるテニスがしたい」

 それが、彼の理想だ。幼少期から、テニスコーチの両親の薫陶を受けてきたエリートである。美しいテニス
への志向は、誰よりも強い。だが昨年は、試合中にも求めるテニスが出来ないと苛立ちを覚え、内から崩れることが多かった。ゆえに、結果もついてこない。
「凄く苦しい時期で、家族全員とも何度も話し合って……」

 その末に到ったのが、「目先の勝利に拘らなくて、果たして先があるのか?」という命題。美しいテニスではなくとも、例え泥臭くても勝負に徹する――そう決めた時から、結果も着実に出始める。今回の全米ジュニアでも、ミスの少ない堅実なテニスでベスト4まで勝ち上がった。

 それでも綿貫は、まだあどけさの残る端正な顔に、深い迷いの色を浮かべる。
   

 理想のテニスを追いたい気持ちは、常に心のどこかに或る。
 そのような葛藤からか、「大会途中から、自分のテニスがバラけ始めていたのを感じていた」とも言った。さらには、“18歳以下”という規制の中で手にした2位という成績が、単なる数字でしかないことをも、彼は強く自覚している。1歳上や同期には、既に大人の世界に身を浸し、グランドスラムで活躍する選手たちが居る。ジュニアの世界でも、自分より年下の選手たちが大きなタイトルを手にしている。「彼らを相手に、自分がやっていけるのかな」。そんな不安を、綿貫は素直に口にした。

 このような言葉ばかり列挙すると、それが自信の無さから出てくるように思われるかもしれないが、彼の場合は、決してそうではないだろう。

 常にテニスに囲まれて育ってきた綿貫は、プロの世界の過酷な現状を冷静に理解し、自身の現在地を過大評価も過小評価もせずに把握している。幼少期から兄2人と競い合う環境に身を置いてきた彼は、自分が負けず嫌いであることにも無自覚であるほどに、実は無類の負けず嫌いだ。さらに今回の全米では、センターコートで世界2位のアンディ・マリーを倒す錦織圭の姿を見て、「自分も将来、この舞台でベスト4や決勝に行きたい」との決意を新たにした。

 悩みや不安と向き合うことを恐れず、家族と話し合い、時にぶつかりながらも解決策を模索する。
 テニスに対して愚直なまでに真っ直ぐな18歳は、年齢も国も関係のない実力勝負の世界へと、いよいよ飛び込んでいく。

 (文責・内田暁/スポーツライター)