大坂なおみの何がどう凄い?18歳のテニスプレーヤーの将来性は?

大坂なおみの何がどう凄い?18歳のテニスプレーヤーの将来性は?

自身初のツアー決勝で負けたものの、インタビューでは笑顔がはじけた大坂なおみ(写真:Motoo Naka/アフロ)

「世界1位になることと、可能な限りたくさんのグランドスラムで優勝すること」。

 これは大坂なおみが16歳の時に宣言した、「テニスキャリアにおける目標」である。

 世界を知らぬ少女が見た、無垢な夢――そう受け流すことも出来るだろうが、彼女の場合は、決してそうではなかっただろう。何しろ大坂がこの目標を口にしたのは、世界の19位のサマンサ・ストーサーを破った後の、会見でのことだからだ。当時世界406位の大坂は、元全米オープン女王から大金星を奪い取ったその瞬間、「はしゃいではいけない」と自分に言い聞かせたという。

「大喜びしたら、これが自分の出来る最高のパフォーマンスだと満足してしまう。そう思いたくはなかったし、周囲の人にも、そのように思われたくはなかった」

 それが、世界的にはまだ無名だった16歳が、テニス界の表舞台にセンセーショナルに躍り出た時に、真っ先に考えたことであった。

 18歳にして先の東レパンパシフィックオープン(東レPPO)で準優勝した大坂は、この結果により、ランキングを47位まで上昇させた。1年前の203位から大躍進を果たし、今シーズン当初に「目標」と公言した50位以内に、まずは達したことになる。

 テニスプレーヤー大坂なおみの武器は、最速で時速201キロを記録した超高速サーブ。そしてフォアとバックの両翼から繰り出される、破壊力に満ちたストロークだ。そのことは世界3位のガビネ・ムグルザや、東レPPO決勝で大坂を破り頂点に立ったキャロライン・ウォズニアッキも認めるところ。また、「これまで対戦したどの選手と比べても、ボールが重かった」と評したのは、初戦で大坂と当たった日本ナンバー1の土居美咲。ちなみに土居は、世界1位のアンジェリーク・ケルバーと今季だけでも2度対戦するなど、数多くのトップ選手と対戦を重ねている選手である。

 それらの武器もさることながら大坂のアスリートとしての最も優れた資質は、驚異的な成長速度と向上心にこそあるだろう。今季の大坂は、全豪、全仏、そして全米と3つのグランドスラムに出場し、その全てでシード選手を破って3回戦に勝ち進んでいる。だが彼女自身は、その結果にむしろ失望の色すら見せていた。

「最初の大会で3回戦まで行ったのに、結局はそれ以上に進むことが出来なかった。同じところに留まっているように感じてしまう」のだと大坂は言う。
常に成長することこそが、彼女の目標。だからこそ大坂は、例え相手がトップ10選手だろうが敗戦後には悔しさを滲ませ、「今日の試合で上手くいかなかったことを克服する」ことを常に誓ってきた。
   

 現に今回の東レPPOでも大坂は、過去の辛い経験から得た教訓を、躍進のジャンピングボードへと変えてみせる。それは2回戦の、対ドミニカ・チブルコバ戦でのこと。第1セットを6-2と簡単に奪い、第2セットもゲームカウント5-1と勝利まで4ポイントと迫った場面で、彼女は「全米オープンの悪夢に襲われた」のだと言った。彼女の言う「悪夢」とは、3週間前の全米オープン3回戦で、世界9位のマディソン・キーズを第3セット5−1まで追い詰めながら、「勝利を意識した」がために大逆転負けを喫したこと。その時の記憶に身体を縛られた大坂は、自らのミスで3連続でポイントを失った。

 しかし全米オープン後、「プレーは悪くなかった。気持ちを強くしよう」と誓っていた大坂は、3週間前と同じ轍を踏むことはなかった。

「過去のことは忘れて、目の前のポイントに集中しよう。例え何が起ころうとも、出来ることは何でもやろう」

 そう自分に言い聞かせ、今度は高速サーブを軸に5ポイント連取。ニューヨークから持ち帰った課題に対する解答を、彼女は東京で自ら探し当てた。

 急こう配の成長曲線を描き、「目標」へとまい進する18歳。それだけに、彼女の前に立ちはだかる障壁となりえるのが、ケガだろう。今季の彼女は腹筋や肩などを痛め、特に6月に負った膝の負傷は、ウィンブルドン欠場へと大坂を追いやった。180cmの恵まれた体躯を持つとはいえ、彼女はまだ18歳。

 急激に上がった対戦相手のレベルや、必然的に急増する試合数に、成長過程の肉体がついていかない側面があったのだろう。また大坂本人は「赤土や芝など、試合経験の少ない種類のコートで戦ってきた」ことがケガの背景にあると分析した。フィジカル強化や効率のよい身体の動かし方の習得、そして無理のないスケジュールの組み方などが、次の課題になっていくのかもしれない。

 大坂が壮大な目標を宣言するのは、幼少の頃から、口にした目標はことごとく達成できたからだと言う。
トップ100に入った時も、そうだった。トップ50入りも、宣言した通りになった。

 ならば……世界1位も、そしてグランドスラム優勝も、いつの日か現実になるのではないか――?
 そう思わせてくれるだけのスケール感と芯の強さを、この18歳は間違いなく持っている。

(文責・内田暁/スポーツライター)