錦織圭のコーチ、ミルニー氏が語る望月慎太郎の強さ。プレーはまるで“魔術師”の異名をとったレジェンドのよう!?〈SMASH〉

錦織圭のコーチ、ミルニー氏が語る望月慎太郎の強さ。プレーはまるで“魔術師”の異名をとったレジェンドのよう!?〈SMASH〉

望月のマスターズ本戦デビューとなる試合は今夜24時開始予定た。(C)Getty Images

現在開催中の「マイアミ・オープン」(アメリカ・マイアミ/ハード/ATP1000)にて見事予選を突破し、ATPツアー2大会目にして早くもマスターズ本戦のコートを踏むことになった望月慎太郎。

 今世界中の注目を浴びているこの日本の若武者をATP公式サイトが特集し、錦織圭のコーチであるマックス・ミルニー氏が語った彼の強さについて紹介した。

 同じIMGアカデミーを拠点としており、かつて望月のコーチをしていたこともあるミルニー氏は、望月のプレースタイルを引退したフランスのスター選手、ファブリス・サントロに重ねているという。
  変幻自在のプレーで“魔術師”の異名を持っていたサントロについて「自分に向かってくるボールの力をうまく利用し、手先も器用な選手だった」と語るミルニー氏。

「ファブリスは見ていて楽しい選手だったが、望月も同じようなスタイルだ。コートを極めて多次元的に見ていて、アングルをうまく使ったり、相手をうまくカットしたり、ネットに詰めることを好む。早いタイミングでボールを返球し、手の感覚に優れている」と両者の共通点を明かした。

 また、コート外での素顔についても「とても社交的で、何事も当たり前だなんて思わないような性格。きっと彼には明るい未来が待っているよ」と絶賛している。

 そんな望月のマイアミ・オープン1回戦の相手は、同じく予選勝者のタナシ・コキナキス(オーストラリア)。マスターズ初の本戦の舞台でどのようなプレーを見せてくれるのか楽しみである。試合は日本時間25日の24時に開始予定だ。

構成●スマッシュ編集部

【PHOTO】ウインブルドンJr.を制した望月慎太郎の基本に忠実なリターン連続写真!

関連記事(外部サイト)