大坂なおみが選外の日本代表は全員初選出!内藤祐希、佐藤久真莉らフレッシュなメンバーで強敵ウクライナに挑む【国別対抗戦】<SMASH>

大坂なおみが選外の日本代表は全員初選出!内藤祐希、佐藤久真莉らフレッシュなメンバーで強敵ウクライナに挑む【国別対抗戦】<SMASH>

日本代表のエースとなる20歳の内藤祐希(左)。18歳の佐藤久真莉(右)も抜擢された。写真:THE DIGEST写真部

女子テニスの国別対抗戦「ビリー・ジーン・キング・カップ by BNPパリバ」(旧フェドカップ)のプレーオフ、日本対ウクライナ戦が、4月16日〜17日にウクライナのチョルノモルスク(屋外クレーコート)で行なわれる。4月6日、その日本代表メンバーが以下の4選手に決まり、日本テニス協会から発表された。

・内藤祐希(亀田製菓):WTAランキングS169位、D435位
・村松千裕(グラムスリー):S225位、D424位
・秋田史帆(橋本総業ホールディングス):S394位、D685位
・佐藤久真莉(富士薬品):S785位、D855位
(※ランキングは4/5付)
 監督:土橋登志久(公益財団法人 日本テニス協会)

 4選手はいずれも初の日本代表入りだ。大坂なおみ(S2位)、土居美咲(77位)、日比野菜緒(86位)らのトップ100プレーヤーは選出されず、20歳の内藤がエースを務めることになる。ランキング上のNo.2は22歳の村松で、昨年の全日本選手権で悲願の初優勝を遂げた31歳のベテラン秋田、同大会ベスト4で18歳(試合時は19歳)のホープ佐藤が脇を固める。
  日本は昨年2月に行なわれた予選ラウンドで、スペインに1-3で敗退。プレーオフに回り、ウクライナとの対戦が決まった。本来は昨年4月にホームの靭テニスセンター(大阪市)で戦う予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、今年2月に延期となり、会場もブルボンビーンズドーム(三木市)に変更。さらに4月に延期された後、日本への入国制限の関係などで会場がウクライナに移った。

 ウクライナは国別ランキング29位で、17位の日本より劣るが、エリーナ・スビトリーナ(S5位)、マルタ・コスチュク(S84位)、カタリーナ・ザバツカ(S125位)、ナディヤ・キチェノク(D45位)、リュドミーラ・キチェノク(D46位)の5人をエントリーした。日本にとっては厳しい戦いが予想される。なお、両国は今回が初対戦となる。

 試合は3セットマッチで初日にシングルス2試合、2日目にシングルス2試合とダブルス1試合が行なわれ、3勝した方が勝ちとなる。勝利国は2022年の予選ラウンドに進み、敗戦国は各地域のグループ1部を戦うことになる。
  日本チームのメンバーのコメントは以下のとおり

■内藤祐希
「今回、初めてメンバーとして選出していただいたこと、光栄に思います。日本代表として貢献できるように精一杯頑張ります。いつも応援してくださっているファンの皆さま、ありがとうございます」

■村松千裕
「メンバーに選出していただき、とても光栄に思っています。緊張もありますが、この状況の中でもサポートをしてくださるスタッフの方々やメンバーの皆、日本からの応援も力にして、自分が今持っているものを出し切って、最後まで戦いたいと思います」
 ■秋田史帆
「日本代表に選抜していただき、とても光栄に思います。選抜してくださった関係者の皆さま、そしてこれまで私を支えてくださった全ての方に感謝したいです。与えられた場所で日本の勝利に貢献できるよう、自分の仕事を全うしたいと思っています。Team JAPANの応援をよろしくお願い致します」

■佐藤久真莉
「ジュニア時代に国別対抗戦に出場させていただいたこともあり、日本代表というものに熱い思いを抱いてきました。今回このような機会を再び頂けたことに感謝すると共に、少しでも良いニュースを皆さまにお届けできるように精一杯戦います」

構成●スマッシュ編集部

【画像】代表入りした内藤、秋田、佐藤らがしのぎを削った全日本選手権のスナップ
 

関連記事(外部サイト)