錦織圭、ナダルにフルセットで敗退。アグレッシブな攻めで中盤善戦するもスタミナが続かず<SMASH>

錦織圭、ナダルにフルセットで敗退。アグレッシブな攻めで中盤善戦するもスタミナが続かず<SMASH>

善戦及ばず敗退となった錦織。(C)Getty Images

男子テニスツアー『バルセロナ・オープン』(4月19日〜25日/スペイン・バルセロナ/クレーコート/ATP500)は、現地22日にシングルス3回戦を実施。世界ランク39位の錦織圭は、同3位で第1シードのラファエル・ナダル(スペイン)に0−6、6−2、2−6でフルセットの末に敗退し、準々決勝進出を逃した。

 両者の過去の対戦成績は錦織から見て2勝11敗。クレーコートでは5度対戦して1度も勝てていないなど、クレーキングことナダルを攻略できないでいる錦織だが、2回戦後の記者会見では「ラファはラファ。クレーでは最もタフな相手になる」とナダルを称賛した上で、「彼からチャンスを得るためには、自分の最高のテニスをして、アグレッシブに攻めなければいけない」と語っていた。

 立ち上がりから息をのむような打ち合いを展開する両者だが、錦織は自身サービスの第2ゲームで、セカンドサービスをナダルに攻め込まれて被ブレーク。続く第3ゲームでは、得意とするダウンザラインや巧みなネットプレーを織り交ぜて、2度挽回のチャンスをつかむも、ナダルの好プレーの前に阻まれてしまった。

 セットを通したサービスのポイント獲得率で、ファーストは43%(6/14)、セカンドはなんと0%(0/5)と、ナダルの攻撃的なリターンに手を焼く錦織。その後も2度のブレークを喫して、第1セットをベーグルで落としてしまった。
  第2セットの第1ゲームでは、珍しく2度のダブルフォールトを犯すナダルから再びブレークのチャンスをつかむも、ナダルの堅い守備の前に無理な攻撃を強いられて先にミスをする展開が続く。

 このチャンスは逃してしまったが、その後の第2ゲームでこの日初めてのサービスキープに成功すると、第3ゲームではポジションを下げず、早いタイミングで攻撃するアグレッシブなプレーでラリーを制して、初のブレークを奪うことに成功した。

 以降も攻めの姿勢を崩さない錦織がラリーで主導権を握る場面が続く。また第7ゲームでは、ナダルの足元をえぐるような深いリターンが刺さり、再びブレーク奪取。続く第8ゲームをきっちりキープして、第2セットを獲得した。

 最終セット序盤には、錦織の攻めにペースを乱されたナダルから、徐々に甘いショットやミスが出るようになるが、ブレークにはつなげることができず。逆に錦織サービスの第4ゲームで0−40とピンチを迎えると、ここを守り切れず痛恨の被ブレークを喫してしまう。

 大会初戦から3試合続くフルセットマッチ、さらにはナダルを相手に攻撃的なプレーを続けたこともあってか、疲労の色が見え始める錦織。2−5と落とせない状況になったサービスゲームでは40ー15から追い上げられて、2時間19分での敗退となった。

 勝利したナダルは準々決勝でキャメロン・ノーリー(イギリス)と対戦する。ノーリーは3回戦で第8シードのダビド・ゴファン(ベルギー)と対戦したが、第2セット途中でゴファンが棄権しての勝ち上がりだ。

構成●スマッシュ編集部

【PHOTO】錦織圭、2021年シーズンの戦いぶりを厳選写真で特集!

関連記事(外部サイト)