「あの3人の跡を継げる選手は…」22歳のチチパスがテニス界の未来を予想<SMASH>

「あの3人の跡を継げる選手は…」22歳のチチパスがテニス界の未来を予想<SMASH>

バルセロナOP準決勝で19歳のシナーを破り、決勝進出を決めたチチパス。(C)Getty Images

男子テニスツアー『バルセロナ・オープン』(4月19日〜25日/スペイン・バルセロナ/クレーコート/ATP500)で3年ぶり2度目の決勝進出を果たした第2シードのステファノス・チチパス(ギリシャ/5位)が記者会見でテニス界の未来について語った。

 長年にわたり、ロジャー・フェデラー(スイス)、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)、ラファエル・ナダル(スペイン)の「ビッグ3」が牽引してきた男子テニスツアー。だが、ここ最近は22歳のチチパスの他、アンドレイ・ルブレフ(23歳/ロシア)やダニール・メドベージェフ(25歳/ロシア)、アレクサンダー・ズべレフ(23歳/ドイツ)などの若手選手の活躍が目立っている。

 中でも注目すべきは、グランドスラムに次ぐ規模のATPマスターズ1000大会では、昨年のパリ大会から3大会連続でビッグ3以外の選手がチャンピオンとなっていることだ。

 昨年9月の全仏オープンではナダル、今年2月の全豪オープンではジョコビッチが優勝を果たし、グランドスラムでは依然としてビッグ3が強さを発揮している。それでも徐々に世代交代の波が押し寄せていることは間違いなく、今年のうちに若手選手の中から新たなグランドスラムの覇者が生まれる可能性も高い。

 会見で記者から「自分がビッグ3の後継者だと思うか?」と問われたチチパスは、「僕たちの世代は彼ら3人とは違ったものになると思う。あの3人の跡を継げる選手はたくさんいるし、現在ツアーに参加している有望な若手の数を考えると、これからはビッグ6やビッグ8になるような気がする」とコメント。
  さらに、「より多くの選手が競い合うことで、より魅力的なツアーとなり、ある種の革命が起こるようにも思う。見ているファンにとっても、もっとエキサイティングなものになっていくだろう」とも語り、次世代のプレーヤーの成長を実感しているという。

 会見の最後には「フェデラー、ナダル、ジョコビッチに相対する時には、自分を信じてプレーすることが重要なんだ」とビッグ3と戦う際の心構えを明かした上で、「大会に出る度に、もっとうまくやれると感じている。痛みやコストは伴うけど、ファンを楽しませるためにこれからも進化し続けたい」と今後の抱負を語った。

 現地4月25日に行なわれるバルセロナ大会決勝で、クレーキングのナダルと対戦するチチパス。優勝がかかる大一番で、ビッグ3の一角であるナダルに対してどのようなパフォーマンスを見せてくれるのか注目だ。

文●中村光佑

【PHOTO】イケメン多数!テニス界の次世代を担う「期待の若手」プレーヤーたち!
 

関連記事(外部サイト)