錦織圭、世界6位のズべレフに2週連続で敗退。序盤優勢も逆転許す<SMASH>

錦織圭、世界6位のズべレフに2週連続で敗退。序盤優勢も逆転許す<SMASH>

錦織 世界6位に2週連続敗退

錦織圭、世界6位のズべレフに2週連続で敗退。序盤優勢も逆転許す<SMASH>

徐々に調子を上げるズベレフを振り切ることはできなかった。(C)Getty Images

男子テニスツアーの「イタリア国際」(5月9日〜5月16日/イタリア・ローマ/クレー/ATP1000)は現地13日に男子シングルス3回戦を実施。世界ランク45位の錦織圭は、第6シードで世界ランク6位のアレクサンダー・ズべレフ(ドイツ)に6ー4、3ー6、4ー6のフルセットで敗退した。

 両者の過去の対戦成績は錦織から見て1勝3敗。直近の対戦は前週のマドリード・オープンで、これが2週連続の対戦となる。なお、この試合ではズべレフの超攻撃的なプレーに押され、3−6、2−6で錦織が完敗を喫した。ズべレフはそのまま同大会を優勝している。

 雪辱を晴らしたい錦織は、立ち上がりからズべレフと激しいラリー戦を演じ、6ゲーム連続でデュースにもつれ込む拮抗した展開に。

 非常に好調だった前週に比べて少しミスの目立つズベレフと、1ブレークを分け合って迎えた第7ゲームでは、攻めのストロークを貫いてブレークを先行。その後も、鋭いバックハンドのダウン・ザ・ラインなど得意のショットが冴えわたり、6−4で第1セットを奪い取った。

 第2セットでも、甘くなりがちなズベレフのセカンドサービスに、早いタイミングで攻撃を仕掛ける錦織が第3ゲームで先にブレークを奪う。しかし、気持ちを切り替えてストロークの精度を上げるズベレフに第6ゲームでブレークを返されると、流れは徐々に相手に傾き第8ゲームでも被ブレーク。
  ズベレフのサービング・フォー・ザ・セットとなる第9ゲームでは幾度か挽回のチャンスをつかみかけたが、そのことごとくをズベレフの素晴らしいファーストサービスに阻まれ、そのまま第2セットを奪われてしまった。

 最終セットで何とか流れを変えたい錦織は、根気強いディフェンスやスキを突いてのネットプレー、巧みなドロップショットなどを駆使して3−0とリード。次のサービスゲームで数本のブレークピンチを迎えたが、ここも見事なドロップショットやセンターラインを捉えるサービスエースなどでしのぎ切って見せる。
 
 これで流れをつかんだかに思われたが、その後は少し疲れが出始めたのか、甘いサービスやボールに追いつけないシーンが増えて、第7、第9ゲームで立て続けに被ブレーク。4−1からあっという間に4ー5となり、2時間52分で逆転負けを喫した。

 勝利したズベレフは、次戦で第2シードのラファエル・ナダル(スペイン)と対戦する。

構成●スマッシュ編集部

【PHOTO】錦織圭、2021年シーズンの戦いぶりを厳選写真で特集!

関連記事(外部サイト)