「グランドスラム優勝と世界一」の夢はずっと変わらない。19歳の新鋭プロ、佐藤久真莉が持つ可能性<SMASH>

「グランドスラム優勝と世界一」の夢はずっと変わらない。19歳の新鋭プロ、佐藤久真莉が持つ可能性<SMASH>

最近の佐藤久真莉はプロとしての自覚が生まれ、戦術面でもネットを絡めて攻撃するなど広がりを見せている。それが全日本ベスト4、初の日本代表入りにもつながっていると言えよう。写真:THE DIGEST写真部

佐藤久真莉(さとうひまり)――。
 
 耳に優しいその名前は、かなり以前から、テニス関係者の間で頻繁にささやかれていた。

「天性の手の感覚の良さ」「大舞台にも物おじしない」「あんなにボールをクリーンヒットし続けられる小学生は見たことがない」

 語られる内容は、おおむね、そのようなもの。期待の天才少女として、彼女は小学生の頃から、大人たちの視線を集めてきた。

 彼女の姿がテニスファンの目にも広く触れたのは、2013年、東レパンパシフィックオープンの余興として、有明コロシアムでマルチナ・ヒンギスとボールを打ち合った時だろう。

 当時、佐藤は11歳。途切れぬリズミカルな打球音に合わせ、場内のアナウンスでは、彼女が10歳にしてジュニア大会12歳以下の上位常連であることや、欧州のジュニア大会でも戦果を挙げていることが紹介される。

「並外れた才能」
 そんな惹句が、繰り返しコロシアム内に流れた。

「あの頃は、ヒンギスがどれくらいすごいかも、緊張が何かもわかってなかったです」
 あれから、8年。19歳になった佐藤はそう言い、目を細めて笑みをこぼした。

 テニスが好きで、ボールを打つのが楽しくて毎日テニスコートに向かい、「世界1位と、グランドスラム優勝」の夢を無邪気に口にできた少女の頃。だがそれから時が経つにつれ、彼女は、自分が「注目されている存在」であることを知り始めた。
 「中学生くらいの時、周囲の期待を感じるようになって……。応援してくれる人たちのためにも、勝たないといけないかなって思っていました」

 それまで無縁だった、緊張や重圧を感じ始めた中学生時代。それら周囲の視線に加え、もう一つ彼女の心を圧していたのが、海外の同世代選手たちの躍進だ。

 佐藤と同期の若手には、現在世界80位のマルタ・コスチュクや、ウィットニー・オスイグウェらがいる。2人とも14~15歳でグランドスラムジュニアを制し、コスチュクは15歳にして全豪オープン本戦で3回戦入りした早熟の“次代の旗手”。それら、小学生時に肩を並べたかつてのライバルの背が、彼女の心をはやらせた。

 ところが、視線が大きく上方に向けられるに伴い、足元の勝利がおぼつかなくなる。

「試合中も、ただボールを打っているだけで、戦術など考えられていなかった。楽しいテニスではなかったと思います。大会に出てもすぐ負けるので、勝ってまた試合をして……という流れがなくて」

 それまで潤滑に回転していた歯車は、ひとたび噛み合わせが狂うと、ひずみを正すのが難しくなる。ただでさえ反抗期的な年代で、自分の心を制御するのが難しい時期。

「心技体の何が、勝てなかった時期の一番の理由だったのか?」そう問うと、彼女は「心理的な面が大きかった思います」と即答した。
  その「心」が再び真っすぐテニスに向き始めたのは、プロ転向を決めた17歳の時だったという。

 テニスが職業になる。スポンサーなど支えてくれる人たちもたくさんいる。その自覚が、「普段の練習から私生活も含め、しっかりしないと」と気持ちを引き締める契機となった。「テニスとも、自分自身とも向き合う」ようになり、戦術面やフィジカルの強化にも意識的に取り組む。

 新型コロナの感染拡大でツアーが中断した時も、「自分のテニスを磨く良いチャンスかなと思った。気持ち的に下がらず練習できた」のだと言った。

 実際にコロナ過に入った頃から、佐藤は元デ杯代表の近藤大生をコーチに招き、指導を仰ぐようになる。サーブ&ボレーを得手とした天才肌の近藤は、佐藤に技術面だけでなく、試合の局面や状況に応じた考え方やプレーの選択肢を教えていった。

「欲しいポイントで気持ちが引いてしまうのが課題だった」という佐藤は、今は「大事なところで攻撃的な姿勢を見せ、ボレーで決めることを目指しています」という。また、それら試合で心掛けることや相手の特徴などをノートに記し、試合中に見ることも始めてみた。
  その成果が顕著に表れたのが、昨年の全日本選手権のベスト4進出。そして敗れはしたが、日比野菜緒を追い詰めた準決勝の一戦だ。

「プレッシャーのない中で日比野さんに向かっていけました。内容的には一番良い試合だった」

 その心身の記憶を、己を信じる根拠としつつ、「では、自分がプレッシャーを感じる中で何ができるか」を今の彼女は模索している。

 先の5月上旬。佐藤は岐阜開催のカンガルーカップに出場し、国内大会ではあるものの、久々に公式戦の緊張感を味わった。

 結果は2回戦で惜敗するも、「試合をやって新たな課題が見つかって、それをコーチと話し合うのが、懐かしい感じです」と、言葉に充実感をにじませる。そろそろ、海外のITF大会にも出ていく予定だ。

 今年の目標を「300位以内」に掲げる彼女に、「最終的なゴール」を聞いてみた。

 返ってきた答えは、ヒンギスとボールを打った11歳の頃に見た夢と同じ――「グランドスラム優勝と、世界一」だった。

取材・文●内田暁

【PHOTO】佐藤久真莉ら日本選手が躍動。2020全日本選手権の厳選プレー集
 

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?