全仏4強入りしたサッカリの躍進を支える若き戦術家コーチの存在。その数奇なキャリアの始まりはシャラポワとの…<SMASH>

全仏4強入りしたサッカリの躍進を支える若き戦術家コーチの存在。その数奇なキャリアの始まりはシャラポワとの…<SMASH>

前年覇者のシフィオンテクを下して全仏オープン4強入りしたサッカリ。その詳細は明かさないが、コーチのヒルが授けた戦術によるところが大きいようだ。(C)Getty Images

「久しぶり!」と古いテニス仲間に肩を叩かれたのは、キャンパスに近い、サンタモニカのバーだったという。

 大学卒業を控えた、最後の夏休み。テニスの名門でもあるペパーダイン大学で経営学を学んでいた彼は、法科大学院へと進む予定で、必要な試験も全てクリアしていた。
 
 4歳から始めたテニスとは、大学を最後に、距離を置くつもりでいた。フューチャーズに出てATPポイントは持っていたが、小柄だったこともあり、プロとして生計を立てるのは難しいとも感じてもいた。

 バーで遭遇した友人に「この夏は、なんか予定あるの?」と声を掛けられたのは、そんな折である。

「何もないなら、IMGアカデミーがヒッティングパートナーを探しているから、やらないか?」

 この友人の誘いを、詳しく聞くこともなく承諾した。酔っていたこともあるだろうし、なにせ夜中の2時だ。本当の話かどうかも、わからなかった。

 3週間後――。彼の下に、一通のテキストメッセージが届く。
「マリア・シャラポワのヒッティングパートナーをして欲しいのだが」
 文面には、そう書いてあった。

 かのシャラポワかと驚きながらも、彼はロサンゼルスからフロリダ行きの飛行機に乗り込む。英国出身の学生プレーヤー、トム・ヒルのキャリアは、この時、予想もしていなかった方向へと進み始めた。
  それから、4年。「もしあの時にバーにいなければ、僕はここにいなかった」。そう言い彼は、ローランギャロスの会見室で笑う。

 現在ヒルが指導するのは、世界18位のマリア・サッカリ。ギリシャのナンバー1選手とは、共にツアーを回り初めて3年が経とうとしていた。

 シャラポワのヒッティングパートナーを務めた時、彼はまだ、法科大学院に行くつもりだったという。ところが、IMGでシャラポワ以外にも多くの選手と練習するうちに、ダニエル・コリンズから「コーチになってほしい」と言われたのだった。

「まったく想像もしていないことでした。僕はまだ21歳か22歳だったし」

 法律家か、ツアーコーチか――。

 両極端な二択だが、彼は後者を選ぶ。そうしてわずか半年で、コリンズは世界の220位から、39位までランキングを駆け上がった。その躍進が注視を集め、彼は、多くのオファーを受けるようになる。当時50位前後のサッカリも、そのうちの一人だった。
  現在26歳のヒルは、サッカリと同世代。若さの特権を彼は、「共通の話題が多く、ボーイフレンドや家族など、何でも話せること」だと言った。

 また、競技者としての記憶が色褪せず、自分がコートに立つかのような情熱と視点で選手に寄り添えるのも、利点だろう。

「僕がマリアにもたらした最大の武器は、戦術だと思います。対戦相手を分析することに、僕は強迫観念を抱いていて……。この間も夜中の2時に目が覚めて、『ケニンのサーブをリターンするには、マリアはどこに立つべきだろう!?』と考えたら眠れなくなってしまった。結局、3時からケニンの動画を見て分析してたんです」

 その「強迫観念」は次々に、サッカリに勝利をもたらしている。サッカリは頑なに戦術について語ることを拒むが、それは、いかに彼女が戦略に重きを置いているかの証左でもあるだろう。

 現にサッカリも若きコーチを、「とても良い目を持っていて、相手の弱点を見抜くのが得意」だと評する。また、「私が一番好きなのは、彼は『良くない作戦だったら、それは僕の責任』と言ってくれること」だと続けた。
  準決勝のシフィオンテク戦でも、コーチは効果的な戦略を立て、選手はそれを遂行した。この時もサッカリは「作戦がうまくいった」と語るにとどめ、その内訳は明かさない。ただ敗れたシフィオンテクは、「あんなにフォアを狙われると思わなかった。彼女の戦術にしてやられた」と勝者を称えた。

 なお、シフィオンテクのコーチのシェツプトウスキは、ヒルと同世代で良き友人。サッカリとシフィオンテクの対戦が決まった時、シェツプトウスキは、ヒルに「良い試合をしよう!」とメッセージを送ったという。

「僕らコーチは、同じ大会を転戦する盟友でもある。最初は、ツアーのラウンジはギスギスした空気なのかと思っていたが、実際には正反対。誰も他人を蹴落とそうなんて考えない。ざっくばらんに話せる相手がいるのは、良いことだよ」

 昨年の“最優秀コーチ賞”受賞者は、舞台裏の雰囲気を明かした。

 4年前のあの日にバーに行かなければ、今の“コーチ・ヒル”はいないだろうし、そうなればもしかしたら、今のサッカリもいなかったのかもしれない。

 交錯する数奇な運命の糸に導かれ、若きコーチと選手は、新たな歴史を赤土に刻んでいく。

現地取材・文●内田暁

関連記事(外部サイト)

×