「準備ができていない…」世界5位のティームが東京オリンピックの出場辞退を表明<SMASH>

「準備ができていない…」世界5位のティームが東京オリンピックの出場辞退を表明<SMASH>

今季は思うようなプレーができず、苦しんでいるティーム。(C)Getty Images

男子テニス世界ランク5位のドミニク・ティーム(オーストリア)は、自身のツイッターで東京オリンピックへの出場を辞退することを表明した。

 ティームは現地時間17日の投稿で「皆さんに悲しいニュースがあります。チームと話し合い、状況を分析した結果、東京オリンピックへの出場を辞退するという非常に難しい決断を下しました」と綴っている。

 また、「国を代表することは大変な名誉」だとしつつも、「2021年は期待通りのスタートを切ることができず、東京で最高のプレーをする準備ができていないと感じています」と、辞退に至った理由を説明。
  今後の目標として、「これから数週間はハードトレーニングをし、ウインブルドンでベストを尽くし、できれば全米オープンのタイトルを防衛したい」と明かした。

 2016年のリオオリンピックもスケジュールの問題で欠場していたティームは、数日前のインタビューで「オリンピックでプレーすることは夢」と語り、東京大会への出場についても意欲を示していた。

 しかし、今季はここまで9勝8敗とプレーに精彩を欠いており、過去2度の準優勝を経験している全仏オープンでも初戦敗退と、悔いの残る結果に終わっていた。男子テニスではこの他、世界3位のラファエル・ナダル(スペイン)もオリンピックへの出場辞退を表明している。

構成●スマッシュ編集部

【PHOTO】ボールがつぶれ、フェイスがたわむ! 3/1000秒の瞬間を捉えたスーパーインパクト集!!

関連記事(外部サイト)