「有明で大波乱が起きた!」金メダル候補の大坂なおみ敗退に米メディアも唖然!「驚きの敗退劇」【東京五輪】

「有明で大波乱が起きた!」金メダル候補の大坂なおみ敗退に米メディアも唖然!「驚きの敗退劇」【東京五輪】

優勝候補筆頭ともいえる大坂なおみの敗退が、驚きをもって世界中に配信されている。(C)Getty Images

東京オリンピックのテニス競技、女子シングルス3回戦に登場した第2シードの大坂なおみ(日清食品/世界ランク2位)が、マルケタ・ボンドルソワ(チェコ/42位)に、1−6、4−6のストレートで敗退した。

 今大会の聖火の点火者を務めるなど東京五輪の顔でもあった大坂は、初戦から危なげない内容で試合を進めるなど、圧倒的な優勝候補として目されていた。それだけに今回の早期敗退は海外でも驚きを持って報道されている。

 米国の三大ネットワークのひとつ『NBC』もこの結果にすぐさま反応。「有明テニスパークで大波乱が起こった!」としたうえで、「大坂は緊張しているように見え、最初からルーズにプレーをした。ほんの数日前にオリンピックの聖火台に火を灯したグランドスラムチャンピオンはセットを失った」と本来の力が出し切れなかった大坂の試合内容を紹介した。
 
 さらに同メディアは、すでに女子シングルスでは、第1シードで世界ランク1位のアシュリー・バーティー(オーストラリア)が初戦で敗れる波乱が起きていることに触れ、第2シードの大坂までもが敗れたことで、「衝撃的だった1回戦に続いて、またしても驚きの敗退劇が起こった」としている。

 大坂敗退により、シングルスを戦う日本勢は錦織圭(日清食品)だけとなった。

構成●スマッシュ編集部

【PHOTO】東京五輪での大坂なおみの厳選ショット!

関連記事(外部サイト)