「負けてもおかしくなかった」猛暑、厳しい日射し、強風と難しいコンディションの中で勝利した錦織が激闘を振り返る【東京五輪】

「負けてもおかしくなかった」猛暑、厳しい日射し、強風と難しいコンディションの中で勝利した錦織が激闘を振り返る【東京五輪】

ストレート勝ちとは思えないような激戦となった錦織の男子シングルス3回戦。(C)Getty Imaes

  東京オリンピックのテニス競技(7月24日〜8月1日/東京:有明/ハードコート)では、28日の男子シングルス3回戦に錦織圭(日清食品/世界ランク69位)が登場。イリア・イバシュカ(ベラルーシ/同66位)を、7−6(7)、6−0で下して五輪3大会連続のベスト8進出を果たした。

 ストレートで、かつ第2セットはベーグルで奪いながらも2時間越えの熱戦となったこの試合。疲労困憊といった様子の錦織は、試合後のオンコートインタビューで「第1セットを取られていたら同じスコアで負けていたかもしれない」明かした。

 灼熱のハードコートで、真上から照りつける日射しとも戦いながらの3回戦だったが、これについては「(暑くて)何も考えられなかったので、目の前のワンポイントだけに集中した」とコメント。
  また、時折熱風が吹きすさぶシーンもあったが、そんな中でもショットの質は「悪くなかった」という。それでも、「この風の中、彼(イバシュカ)が強打してきて、それがかなり入っていたので負けてもおかしくなかった」と厳しい戦いを振り返りつつ、「そんな中でも最後まで食らいついていけた」と勝因を明かしている。

 これが五輪3大会連続のベスト8入りだが、「まだまだこれから」と早くも次を見すえる錦織は「この勝利を自信にして明日に臨みます」と力強く語っている。

 なお、この後にはセンターコートの第4試合でマクラクラン勉(イカイ)とのダブルスも控えている。猛暑の中、連日の激しい戦いにダブルヘッダーと、体力面が心配される錦織だが、くれぐれも無理のないようプレーして欲しい。

構成●スマッシュ編集部

【PHOTO】2大会連続のメダル獲得へ期待がかかる錦織圭の厳選ショット

関連記事(外部サイト)