母となったウォズニアッキが親友ケルバーとの“ファイナルマッチ”に向けて練習動画を公開!<SMASH>

母となったウォズニアッキが親友ケルバーとの“ファイナルマッチ”に向けて練習動画を公開!<SMASH>

ウォズニアッキさんの現役復帰を望む声が多いが、ケルバーとの試合が“ファイナルマッチ”となるようだ。(C)Getty Images

女子テニス元世界ランキング1位のキャロライン・ウォズニアッキさん(デンマーク)が、アンジェリーク・ケルバー(ドイツ)との“ファイナルマッチ”に向けて練習に励んでいる様子を自身のインスタグラム(@carowozniacki)で公開している。

 現在31歳のウォズニアッキさんは、サッカー選手とバレーボール選手の両親の元に生まれ、ジュニア時代から天才少女として注目を集め、15歳でプロへ転向し、20歳でデンマーク人初の世界ランキング1位に輝いた。

 東レ・パンパシフィック・オープン・テニスでの3勝を含め、シングルス30勝を挙げるなどトッププレーヤーとして活躍し、2020年の全豪オープンで現役生活に終止符を打った。2019年に元NBA選手のデビッド・リー氏と結婚し、2021年6月に第一子となるオリビアちゃんを出産している。
  SNSでは家族の写真を中心にプライベートを楽しむ様子を投稿している中で、9月23日に自身の“ファイナルマッチ”を開催すると発表した。この試合は2022年2月9日にコペンハーゲンのロイヤル・アリーナで行なわれる予定で、「親友のアンジェリーク・ケルバーと対戦することになりました。皆さんにお会いできるのを楽しみにしています」とメッセージを送っている。

 そして10月9日には「戻って来たわ!明日は筋肉痛かも」と綴り、ストロークの練習風景を公開した。現役さながらの力強いストロークを放ち、セレナ・ウィリアムズやビクトリア・アザレンカら“ママさんプレーヤー”のように現役復帰を望む声も多く届いている。

 なお、親友でありライバルでもあるケルバーとは、公式戦で15回対戦し、ケルバーから8勝7敗となっている。最後の対戦は2018年のイーストボーンでウォズニアッキさんが接戦を制した。“ファイナルマッチ”では両者がどんなプレーを見せてくれるのか、楽しみだ。

構成●スマッシュ編集部

【PHOTO】ラドゥカヌ、ジョルジ、ベキッチ、プリスコワにトップ100圏外も厳選!テニスコートを彩った女子プレーヤー一挙紹介!!
 

 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Caroline Wozniacki(@carowozniacki)がシェアした投稿

 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Caroline Wozniacki(@carowozniacki)がシェアした投稿

関連記事(外部サイト)