フェデラーが2017年以来のトップ10陥落!レジェンド撃破の新鋭フルカチュは自己最高をマーク!<SMASH>

フェデラーが2017年以来のトップ10陥落!レジェンド撃破の新鋭フルカチュは自己最高をマーク!<SMASH>

負傷離脱中のフェデラー(左)のトップ10陥落が決まり、代わりに今年のウインブルドンでフェデラーに勝利していたフルカチュ(右)が初のトップ10入り。(C)Getty Images

現地時間10月18日、テニスの世界ランキングが発表された。いまだ絶大に存在感を放つレジェンド、ロジャー・フェデラー(スイス/40歳)は、2017年1月以来となるトップ10陥落となった。

 フェデラーは昨年2月の全豪オープン以降、2度にわたり右膝の手術を行ないツアーから完全離脱。今年3月のドーハ大会で復帰を果たしたものの、シーズン最大の目標としていたウインブルドンでは準々決勝でポーランドのフベルト・フルカチュにストレート負け。その後予定されていた東京オリンピックへの出場を断念し、ふたたび右膝にメスを入れることを決断。2021年シーズンの戦いを5大会14試合で終わらせていた。

 今夏の手術後に行なわれた米誌『GQ』のインタビューでは、「(今年)プレーできたことは幸せだった。リハビリも順調に進んでいる。最悪な事態は過ぎ去ったし、これから起こる全てのことを楽しみにしている」と語っていたフェデラー。2016年に負傷離脱した際は、翌年の全豪オープンで復活優勝を遂げているだけに、ふたたびコートに立つことを多くのファンが待ちわびている。
  そんなレジェンドに代わって新たにトップ10入りを果たしたのは、前述した今年のウインブルドンでフェデラーに勝利していたフルカチュだ。「フェデラーは自分にとってのアイドル」と口にする24歳は、今季35位からスタートし、1月のデルレイビーチ、4月のマイアミ、9月のメツとツアー3勝を記録して着実に順位をアップさせていた。

 そして、10月7日〜17日に行なわれたBNPパリバ・オープンでベスト8入りしたことで、フェデラーに代わってトップ10入りが決定。ポーランド出身の男子選手でトップ10入りするのは、70〜80年代に活躍したウォイチェフ・フィバク以来の史上2人目となった。

構成●スマッシュ編集部

【PHOTO】ウインブルドン2021で活躍したフェデラーら男子選手の厳選写真

関連記事(外部サイト)