「ちゃんと治して来年頑張ります」西岡良仁が右手首の負傷で今季終了を報告<SMASH>

「ちゃんと治して来年頑張ります」西岡良仁が右手首の負傷で今季終了を報告<SMASH>

右手首に悩まされていた西岡。しっかり治してまた来年頑張ってほしい。(C)Getty Images

男子テニスの西岡良仁が、11月1日に自身のツイッター(@yoshihitotennis)を更新し、今季終了の発表をした。

 今週行なわれている「パリ・マスターズ」(11月1日~7日/フランス:パリ/インドアハードコート/ATP1000)の予選に出場した西岡は決勝で逆転負けを喫し、本戦出場とはならず。

 次は「ストックホルム・オープン」(11月7日~13日/スウェーデン:ストックホルム/インドアハードコート/ATP250)に出場予定だったが、「(8月に負傷した)右手首の不安感があるので今年はこれで終了にしたいと思います」とツイッターに綴り、欠場及び今季終了することとなった。
  また、「かなり手首は良くなりましたが、やはり恐怖心からか得意なバックハンドがうまく行きませんでした」と胸の内を明かし、最後は「ちゃんと治して来年頑張ります」と前向きなコメントで締めくくった。

 今季はATP250の3大会でベスト8入りを果たしていたが、負傷後はほとんどの大会で1回戦負けとなった西岡。思うようなプレーができず結果も伸びなかったのだろう。

 オフの期間にしっかり治して心身ともにリフレッシュし、来年さらにパワーアップする西岡に期待したい。

構成●スマッシュ編集部

【PHOTO】次期日本のエース!?けがを乗り越え大躍進する西岡良仁の厳選ギャラリー!

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?