【全日本テニス選手権】男子は学生の田形諒平と白石光が勝利!女子は坂詰姫野が第1シードを破る活躍で準々決勝進出!!<SMASH>

【全日本テニス選手権】男子は学生の田形諒平と白石光が勝利!女子は坂詰姫野が第1シードを破る活躍で準々決勝進出!!<SMASH>

大学生の田形諒平(写真)は今大会好調の齋藤惠佑にストレートで勝利して8強進出を果たした。写真提供:齋藤宣孝(関西テニス協会)

日本チャンピオンを決める「大正製薬リポビタン 全日本テニス選手権96th」(10月30日〜11月7日/兵庫・ブルボンビーンズドーム/室内ハードコート)は、11月3日に本戦5日目を迎え、男女シングルス3回戦16試合とダブルス準々決勝3試合を実施した。

 男子シングルスは、第1シードの清水悠太に挑んだ慶応大の羽澤慎治がストレートで敗れたが、筑波大の田形諒平は齋藤惠佑にストレートで、早稲田大の白石光は磯村志に序盤は苦しみながらもフルセットの末に勝利を手にした。また、第3シードの今井慎太郎と第6シードの山崎純平は、ともに逆転で8強入りを決めている。

 女子シングルスでは、第1シードの岡村恭香と第16シードの坂詰姫野による同門対決が実現。「緊張はあったが、そうした中でいいテニスができた」と語る坂詰は、相手に2ゲームしか与えない安定したテニスで勝利をもぎ取った。一方、第2シードの大前綾希子は光崎楓奈と対戦。大前は前日に続いてこの日もフルセットを戦ったが、あと一歩及ばず逆転負けを喫した。
 ◆男子シングルス3回戦の結果(11月3日)
片山翔(伊予銀行)6-0 6-3 小ノ澤新(イカイ)[9]
市川泰誠(ノア・インドアステージ) 6-1 1-6 6-2 江原弘泰(エキスパートパワーシズオカ)
山崎純平(日清紡ホールディングス)[6] 3-6 6-1 6-3 川橋勇太(マイシン)[12] 0-0 0-0 
白石光(早稲田大学)[13] 3-6 6-1 6-3 磯村志(やすいそ庭球部)[Q] 
清水悠太(三菱電機)[1] 6-3 6-1 羽澤慎治(慶應義塾大学)
越智真(江崎グリコ) [5] 6-1 6-2 今村昌倫(JCRファーマ)[11]
今井慎太郎(イカイ)[3] 4-6 6-2 6-4 斉藤貴史(橋本総業ホールディングス)[14] 
田形諒平(筑波大学)[Q] 6-3 6-3 齋藤惠佑(富士住建)[Q]

◆女子シングルス3回戦の結果(11月3日)
坂詰姫野(橋本総業ホールディングス)[16] 6-2 6-0 岡村恭香(橋本総業ホールディングス)[1] 
光崎楓奈(h2エリートテニスアカデミー)[15] 7-6(8) 3-6 7-5 大前綾希子(島津製作所)[2]
瀬間詠里花(橋本総業ホールディングス)[13] 6-4 4-6 6-0 加治遥(島津製作所)[3] 
桑田寛子(島津製作所)[8] 6-4 6-1 西郷里奈(TEAM自由が丘)
川村茉那(フジキン)[7] 0-6 6-3 6-2 細木咲良(原商)[9] 
小堀桃子(橋本総業ホールディングス)[4] 6-4 7-5 阿部宏美(筑波大学)
荒川晴菜(アオヤマスポーツ)[5] 4-6 6-2 7-6(4) 輿石亜佑美(竜興化学工業)[11] 
今西美晴(EMシステムズ)[12] 6-0 6-3 緒方葉台子(グラスコート佐賀テニスクラブ)[Q] 

構成●スマッシュ編集部

【PHOTO】昨年の全日本選手権ファイナルを厳選写真で振り返り!

関連記事(外部サイト)