選抜高校テニスの出場48校が決定!海星学院高と開星高が選考枠で出場。他に4校が初出場〜男子〜<SMASH>

選抜高校テニスの出場48校が決定!海星学院高と開星高が選考枠で出場。他に4校が初出場〜男子〜<SMASH>

第44回全国選抜高校テニス大会は3月20日から26日に福岡で開催される

1月31日(日)に、大正製薬リポビタン「第44回全国選抜高校テニス大会」出場校の発表が中継で行なわれ、地区予選を勝ち抜いた46校に、選考枠の2校を加えた男女48校の全出場校が決定した。

 男子の選考枠での出場が決定したのは、海星学院高等学校(北海道/初出場)。選考理由については「人間力の育成に力を入れ、若い監督がテニスの指導以外にも、室蘭市にテニススクールがない事もあり、地元とテニス界への貢献にとして毎週キッズテニス教室を行い、高校生がコーチとなりキッズへの指導を通じて、伝える力やコミュニケーション能力など人間力向上にも努めてることを評価し選考した」と発表された。

 もうひとつの選考枠での出場校は、開星高等学校(島根県)。「地域貢献や挨拶運動が地元から感謝をされ、中高一貫で力を合わせて練習に取り組み、エース2名以外の一年生五人全員が高校生からテニスを始めた選手でありながら、チーム力を向上させ、地域のジュニアの育成など、自主的に後輩の指導にも力を入れる2年生の指導者としての部分も評価した」と、今回は地域貢献なども認められた。

 男子出場校の中では、東葉高等学校(千葉県)、神戸野田高等学校(兵庫県)、県立松山東高等学校(愛媛県)、県立大分鶴崎高等学校(大分)が今大会初出場となっている。

 全国選抜高校テニス大会は、2022年3月20日(日)〜26日(土)にわたって、福岡県、博多の森テニス競技場と福岡県営春日公園テニスコートで行なわれる。団体戦(シングルス3本、ダブルス2本)に加えて、各校のシングルス1が戦う個人戦が実施され、優勝者には全米オープンジュニア予選のワイルドカードが与えられる。
 ■第44回全国選抜高校テニス大会出場校〜男子〜
[北海道]
北海道/札幌光星高等学校
北海道/帯広北高等学校
北海道/海星学院高等学校(選考枠)
[東北]
岩手/岩手高等学校
宮城/東陵高等学校
山形/日本大学山形高等学校
宮城/仙台育英学園高等学校
[関東]
栃木/足利大学附属高等学校
神奈川/湘南工科大学附属高等学校
東京/東海大学菅生高等学校
埼玉/浦和学院高等学校
千葉/東葉高等学校
千葉/東京学館浦安高等学校
神奈川/慶應義塾高等学校
埼玉/浦和麗明高等学校
[北信越]
福井/北陸高等学校
福井/敦賀気比高等学校
新潟/東京学館新潟高等学校
長野/松商学園高等学校
[東海] 
三重/県立四日市工業高等学校
岐阜/麗澤瑞浪高等学校
愛知/名古屋高等学校
静岡/日本大学三島高等学校
静岡/静岡市立高等学校
愛知/名古屋経済大学市邨高等学校
[近畿]
兵庫/相生学院高等学校
兵庫/近畿大学附属高等学校
兵庫/神戸野田高等学校
滋賀/光泉カトリック高等学校
京都/東山高等学校
京都/京都外大西高等学校
大阪/清風高等学校
[中国]
岡山/岡山理科大学附属高等学校
山口/県立西京高等学校
広島/広島国際学院高等学校
岡山/関西高等学校
山口/誠英高等学
島根/開星高等学校(選考枠)
[四国]
香川/県立高松北高等学校
愛媛/新田高等学校
徳島/県立城南高等学校
愛媛/県立松山東高等学校
[九州]
福岡/柳川高等学校
大分/県立大分舞鶴高等学校
鹿児島/鳳凰高等学校
沖縄/沖縄尚学高等学校
福岡/折尾愛真高等学校
大分/県立大分鶴崎高等学校

構成●スマッシュ編集部

【PHOTO】錦織、伊達も!日本人トッププロたちの“懐かしジュニア時代”の秘蔵写真をお届け!

関連記事(外部サイト)