錦織圭が復活に向けてボールを打つ姿とリハビリの様子を公開「厳しいトレーニングを行なっていきます」<SMASH>

錦織圭が復活に向けてボールを打つ姿とリハビリの様子を公開「厳しいトレーニングを行なっていきます」<SMASH>

今年1月に左股関節の手術を受けた錦織圭は、復活に向けて準備を進めている。(C)Getty Images

ケガにより長期の戦線離脱を強いられている男子テニスの錦織圭(世界ランク46位)が3月8日に自身の公式アプリ『Kei Nishikori Official App』を更新。コートでのヒッティングとリハビリを行なった際の動画を公開し、ファンからも反響を呼んでいる。

 昨年10月の「BNP・パリバオープン」2回戦で敗退後、腰痛を理由に2021年シーズンを早々に終了していた錦織。22年シーズン開幕後も「全豪オープン」を含めたオーストラリア・シーズンの全ての大会を欠場。その理由について、「昨年末から臀部のケガに悩まされていました」と説明していた。

 1月25日にはSNSで「インディアンウェルズ大会以来、左股関節の痛みで試合に出られず、色々なリハビリを試したのですが、今週、チームとも相談して、内視鏡による手術も受けました」と綴り、27日には手術の成功をファンに向けて報告。手術直後は松葉づえをついていたものの、そこから地道なリハビリを重ね、現在は歩けるようになるまで回復している。

 このほど錦織は自身の公式アプリに2枚の動画をアップ。1枚目はベースラインの内側からフォアハンドを3球打っている映像で、軽めながらもしっかりとラケットを振り抜いている様子から順調な回復ぶりがうかがえる。続く2枚目の動画では足を前後に開き、膝関節と股関節の曲げ伸ばしをするエクササイズの様子を公開した。
  錦織は今回公開した2枚の映像のうち、1枚目のヒッティング練習をキャプション画像、2枚目のエクササイズを動画として自身の公式インスタグラム(@keinishikori)にも投稿。これをチェックしたファンからは「コートに立ってる姿を見られるなんて!」「すごい久しぶりの投稿嬉しいです!」「リハビリ頑張って〜!」など、歓喜と応援の声が続々と寄せられている。

 なお、錦織は2枚の動画の中でプライベートでも親交の深い車いすテニス界のスーパースター、国枝慎吾(現世界ランク1位)のイラストが描かれたTシャツを着用している。国枝は自身のインスタグラム(@shingokunieda)のストーリーズで錦織の投稿を引用し、「なんかこのシャツ見覚えあるなあ」とユーモアを交えたコメントを残している。

 現段階では「約6か月後のツアー復帰を目標に、厳しいトレーニングを行なっていきます」と明かしている32歳の錦織。何よりもまずはリハビリが順調に進み、日本のエースの一日も早いツアー復帰と完全復活を祈るばかりだ。

文●中村光佑

【連続写真】スイング中に時間のズレを調節する、錦織圭のジャックナイフ

関連記事(外部サイト)