日本女子テニス期待の20歳内島萌夏!全仏オープン予選決勝敗退もランキングは半年で500位台から209位へ<SMASH>

日本女子テニス期待の20歳内島萌夏!全仏オープン予選決勝敗退もランキングは半年で500位台から209位へ<SMASH>

下部大会ながら今季2勝するなど上昇気流に乗る内島は、今年4月の国別対抗戦でも日本代表としてチームの勝利に貢献している注目の20歳だ。写真=本人提供

首から下げる選手用パスの写真の中で、彼女は制服姿だった。

「中学の卒業証書のために撮った写真です」

 苦笑いで明かすその写真は、ジュニア部門に出場した時に大会に提供したものだ。

 あれから、4年――。

 内島萌夏(うちじまもゆか)が全仏オープン会場に足を踏み入れたのは、その時以来のことだった。

 20歳になった内島の、現在のランキングは209位。その数字だけ見れば、十分に順当な足跡に思える。ただ、16歳時に300位台までランキングを上げた本人の肌感覚としては、「苦労してきた」4年間だった。

「苦労」の最大の要因は、プロとして活動していくうえの「拠点や環境」問題である。常時練習できる“ホームコート”を持つことは、選手にとって最重要事項にして、もっとも頭を悩ます点。プロの指導経験を持つコーチを見つけるのも、簡単なことではない。

 試行錯誤の時を1年以上過ごした内島が、最終的に足元を定めた地は、中国の広州。中国やアメリカで数多くの選手指導歴を持つアラン・マーを頼り、彼が運営するアカデミーを拠点とした。2019年、18歳の誕生日を迎えて間もない、夏の頃だった。
  テニスラケットを握ったのが9歳とやや遅く、始めて間もなく天性の才覚で次々にタイトルを取った内島には、本格的な指導を受けた経験が少なかったかもしれない。

 172センチの長身を利し、ボールをクリーンに打ち抜く能力は誰もが認めるところ。17歳の頃までは、それら言わば“親からの財産”で、勝っていた側面が強かっただろう。

 その原石の輝きはしかし、経験豊かな指導者の目には、正しく研磨されていないように映ったようだ。

「コーチのアランには、フォアからサーブまで、色々と直されました」

 目を細め、照れたように打ち明けたのは、中国に渡って5か月ほど経った2020年2月。

 新たな環境にも慣れ、真のプロ活動のスタートを切ろうとしたその矢先、世界のテニス界は新型コロナウイルス感染拡大により、突如として停止した。

“最短でも3か月間、テニスの国際大会は一切開催されない”。

 そのニュースを聞いた時、内島には、中国に残るか、日本に帰るかの2つの選択肢があった。

 ただ実際には、迷うことはほとんどなかったと言う。
 「試合がない時が、思い切って技術を変えられる時。試合がない期間がどれくらいかも分からなかったけれど、中国ならアランも他のコーチもいるし、練習できる選手たちもたくさんいるので」

 大会がなくなった不遇の期間を、内島はむしろ、腰を据えて練習する好機ととらえた。特にフォアハンドは、抜本的な変革に取り組んだという。

「まずはラケットを変え、フォアハンドはグリップの握り方から変えました。わたしのグリップはもともと厚かったので、もうちょっと薄くしたんです」

『厚いグリップ』とは、地面に置いたラケットのグリップを上からつかむような握り方。ボールにスピンを掛けるのに適していると言われる。

 内島はその握りの角度を、ラケット面と手のひらが同方向に向く方へと少しスライドさせた。狙いは、「できることを増やす」こと。スライスやボレーなどを選択肢に加え、プレーの幅を広げる青写真を、わずかに変えた角度の先に見ていた。
  長引くコロナ禍と中国の厳しい入国規制のため、最低3か月を覚悟したツアー離脱は半年になり、そして1年を超えていった。

 その間、同年代の日本人選手たちは、海外遠征に出てランキングを上げていく。日本国内でも、同期で仲の良い川村茉那と光崎楓奈が、全日本選手権で頂上決戦を演じた。

 それら周囲の動きを見て、焦りは感じなかっただろうか?

「なかったですね」と内島は、向けた問いに即答する。

「自分はそれこそ、色々と直されていたので。直している最中に、試合に出て自信を持って挑めるかと言ったら、そうは言えなかった。自分が納得いくまで練習してから遠征に行こうと思ったので。焦りはなかったですね」

 その納得感が満たされた機と、効率的な遠征スケジュールを組めるタイミングが重なったのが、昨年8月。約1年半ぶりに出場した最初のチュニジア下部大会(賞金総額1万5000ドル)で、いきなりの2大会連続優勝を成した。

 この好スタートで勢いを得た内島は、出場大会のレベルも上げていく。フォアハンドの手応えが確信に変わりはじめたのは、ポルトガルの賞金総額2万5000ドル大会で優勝した時。
 「ヨーロッパの大会は、出場している選手のレベルも高い。そこで優勝できたのは大きかったです。グリップを変えたことで、同じフォームでいろんな球種を打てるようになった。フラットにしろスピンにしろ、同じフォームで打てているので、相手に読まれないのが大きいと思います。

 あとは、自信を持ってラケットを振れるようになった。自分の武器がフォアだと言えるようになったのは、グリップを変えたからか練習をたくさんしたからかは分かりませんが、良かった点だと思います」

 自信を持ったそのフォアで、オーストラリアの6万ドル大会でも優勝をつかみ取る。昨年8月に500位台だったランキングは、7か月後には200位台前半まで上がり、初のグランドスラム予選に届くまでになっていた。

 ただ、好事魔多しとは言ったもので、全仏オープン直前の大会中に、腹筋を痛めてしまう。
  検査の結果は、腹筋の肉離れ。医師からは静養を勧められるも、コーチと相談したうえで、全仏予選に出ることを決めた。

 最も痛みが出るのはサービスで、打つのがやっとの状態。それでも、「自分の武器」と自信を持つまでに向上したフォアハンドの強打で攻めたて、予選の初戦は快勝。2回戦は第1セットを落とすも、逆転勝利の粘りを見せた。

 ただ、この接戦の代償は小さくなかったろう。翌日の予選決勝戦では0−6、1−6で完敗。「限界だった」と苦い思いをこぼした。
 
 もっとも出場の決断を、悔いることは一切ない。

「グランドスラム予選をずっと目標にしてきた。去年の8月の時点では、まさかここに立てていると思わなかったので。万全で挑めなかったのは残念でもありましたが、上の選手と、この大きな舞台で戦えたのは自信になりました」

 伝統とモダンが融合する瀟洒な会場。観客の声援。規律正しい動きで駆けるボールキッズたち――。

 4年ぶりに目にした最高の舞台の光景は、プロとして多くを見聞した今では、より輝いて映る。だからこそ目指す地点の輪郭も、一層明確にもなった。

「今年の終わりにはトップ100に入っていたい。簡単ではないことは分かっていますが、そこを目標にして今年はやっていきたいです」

 目指すは来年1月の全豪オープンで、本戦からの出場。

 その時には選手用パスの写真も、“プロテニスプレーヤー”のそれになっているだろう。

取材・文●内田暁

【PHOTO】世界で戦う内島たち日本人女子テニスプレーヤー写真集!

関連記事(外部サイト)