“ラケット投げつけ”で子どもを泣かせた女子選手に1万ドルの罰金処分! 米記者は今大会最高額として注目

“ラケット投げつけ”で子どもを泣かせた女子選手に1万ドルの罰金処分! 米記者は今大会最高額として注目

ラケット投げつけ選手に罰金

“ラケット投げつけ”で子どもを泣かせた女子選手に1万ドルの罰金処分! 米記者は今大会最高額として注目

泣き出してしまった子どもの元に歩み寄るベグ。今大会ここまでで最高額の罰金額が課された。(C)Getty Images

連日、熱戦が繰り広げられているテニスの四大大会「全仏オープン」(フランス:パリ/クレーコート/グランドスラム)だが、大会5日目に起きた“ある一件”が物議を広げている。

【動画】悔しさでラケットを投げつけたベグ、子どもをかすめた決定的シーンをチェック

 現地5月26日、女子シングルス2回戦に登場したイリーナ・ベグ(ルーマニア/世界63位)は、第30シードのエカテリーナ・アレクサンドロワ(ロシア/31位)と対戦。ファイナルセット0ー2の第3ゲームで1ポイント目を先行された際、ベンチに投げたラケットが大きく跳ね、観客席の子どもに飛んで行ってしまったのだ。

 スポーツマンシップに反する行為として警告を受けたベグ。欧米スポーツチャンネル『ESPN』によると、ラケットは「若い観客をかすめた」とトーナメントレフェリーが説明したという。試合後に本人はお詫びとして、泣き出してしまったその子どもと写真撮影し、記者会見でもこの出来事を謝罪している。
 さらに、ベグの危険行為を受けたフランステニス連盟は27日、1万ドル(約127万円)の罰金を科すと発表。米紙『New York Times』のテニスジャーナリストであるベン・ローテンバーグ記者は、今大会における「罰金ニュース」として、ベグが現在の最高額だと公式ツイッターで伝えている。

 なお、2位に紹介されているのは、男子シングルスで第7シードのアンドレイ・ルブレフ(ロシア/7位)。初戦のクォン・スンウ(韓国/71位)戦で第1セットを落とした際、怒りに任せて打ち出したボールがスタッフの顔に当たりそうになり、8000ドル(約102万円)の罰金が科されていた。

 なお、ベグはこの試合に6ー7(3)、6ー3、6ー4で逆転勝利。28日の3回戦もストレート勝ちを収め、大会6年ぶりのベスト16入りを決めた。初のベスト8をかけた4回戦は、第11シードのジェシカ・ペグラ(アメリカ/11位)と対戦する。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】全仏オープン2021で活躍した女子選手たちの厳選PHOTOを一挙公開!

【関連記事】テニス界を侵食する不正行為!賭け屋にデータ提供の審判員は永久追放!八百長の女子選手には16年間の出場停止処分<SMASH>

【関連記事】“ラケット投げつけ”のキリオスがボールボーイに謝罪「ラケットをあげるから俺を許して」<SMASH>

関連記事(外部サイト)