これで警告を気にせずアドバイスできる!? 男子テニスツアーが試合中のコーチングを試験的に導入<SMASH>

これで警告を気にせずアドバイスできる!? 男子テニスツアーが試合中のコーチングを試験的に導入<SMASH>

すでに女子ツアーでは採用されているオンコートコーチング。男子ツアーでは指定のコーチ席からの簡単なアドバイスを試験的に許可する。(C)Getty Images

現地時間6月21日、男子テニスツアーを統括するATP(男子プロテニス協会)が今季の後半から試合中の「オフコートコーチング」を試験的に導入することを正式に発表した。

 同協会の公式サイトによると今年度の「ウインブルドン」(6月27日〜7月10日/イギリス・ロンドン/芝/グランドスラム)が閉幕した直後の7月11日の週から、ツアー大会の予選および本戦における試合中のコーチ席からのコーチングが許可されるようだ。

 これについてATPは「今回のコーチングのトライアルは選手とファンのためにスポーツ全体の一貫性を確保することに加え、ファンの体験を向上させるべく、さらなる興味をそそるポイントや洞察を生み出すことを目的としている」と説明している。

 具体的にはコーチングについて以下のようなルールを定めている。

・コーチは大会で指定された座席に座らなければならない
・コーチング(口頭および非言語)は、プレーや対戦相手の妨げにならない限り許可される
・口頭でのコーチングは、プレーヤーがコートの同じエンドにいる時のみ許可される。非言語によるコーチング(ハンドシグナル)は、いつでも許可される
・口頭でのコーチングは、数個の単語や短いフレーズで構成されなければならない。選手との会話は許可されない
・いかなる理由であれ選手がコートを離れる際には、コーチは選手に話しかけてはならない
・上記のルールの乱用や誤用が見られた場合は罰則や罰金が適用される
  また同トライアルは今年11月に開催されるシーズン最終戦「Nitto ATPファイナルズ」(11月13日〜20日/イタリア・トリノ/インドアハード)まで行なわれることになっており、年内最後のグランドスラムとなる「全米オープン」(8月29日〜9月11日/アメリカ・ニューヨーク/ハードコート)でも実施される予定だ。

 なお現時点でATPは「22年シーズンが終了した段階でトライアルの結果を評価し、来年度以降正式にオフコートコーチングを取り入れるかどうかを判断する」としている。

 すでに女子のツアー大会ではコート上でのコーチングが許可されている一方で、男子ではグランドスラムを含めコーチングは一切認められていなかった。男女間での一貫性のなさについては以前から賛否両論が巻き起こっていたが、ここ最近は男子世界6位のステファノス・チチパス(ギリシャ)が度々試合中にコーチングの警告を受ける場面が目立っていたことから議論が再燃していた。

 それだけに今回の試みがどのような変化をもたらすのか、ファンからも注目が集まりそうだ。

文●中村光佑
 

関連記事(外部サイト)