シンシナティ大会にはアルカラス、チチパス、新鋭ルネなどシングルストップ選手がダブルスにも出場!<SMASH>

シンシナティ大会にはアルカラス、チチパス、新鋭ルネなどシングルストップ選手がダブルスにも出場!<SMASH>

左から、アルカラス、カレノブスタ、チチパス、ルネ。(C)Getty Images

男子テニスツアー「ウェスタン&サザン・オープン」(8月14日〜21日/アメリカ・シンシナティ/ハードコート/ATP1000)では、ダブルスのドローも発表され、シングルストップ選手たちの多くが参戦することが判明した。

 自国開催の大会では、その国のシングルストップ選手がダブルスにも登場することはよくある。そして、最近のツアー大会では、シングルストップ選手がダブルスにも出場するようになっていた。しかし、これだけ多くの選手が出場するのは興味深いので、紹介しよう。

 まず注目は世界4位の19歳、カルロス・アルカラス(スペイン/複528位)と開催中のモントリオール大会でシングルスの決勝に進出しているパブロ・カレノブスタ(スペイン/単23位・複315位)のペアだ。アルカラスにとっては兄貴分のような存在で、このコンビでは3大会目の出場となる。

 ワイルドカード(主催者推薦)を得て出場するのが世界5位のステファノス・チチパス(ギリシャ/複84位)と急上昇中の19歳ホルガー・ルネ(デンマーク/単26位・複453位)。チチパスは弟と組んで出場することが多かったが、今回はツアー注目の新星とのコンビだ。
  東京五輪のミックスダブルス金メダリストのアンドレイ・ルブレフ(ロシア/単8位・複54位)は、グリゴール・ディミトロフ(ブルガリア/単19位・複454位)と組む。デニス・シャポバロフ(カナダ/単22位・複70位)は、カレン・ハチャノフ(ロシア/単28位・複190位)と出場。キャメロン・ノリー(イギリス/単11位・複154位)は、アレックス・デミノー(オーストラリア/単21位・複191位)と。この3組はモントリオール大会に続いて2週連続で同じコンビで挑む。

 すでにダブルスで実績を残しているペアも登場する。最近好調のニック・キリオス(オーストラリア/単37位・複22位)は今年の全豪オープンダブルスで優勝したペア、タナシ・コキナキス(オーストラリア/単71位・複25位)と出場。親友コンビは、全豪の他にも今季アトランタでの優勝がある。

 開催中の大会でシングルス決勝に進出しているフベルト・フルカチュ(ポーランド/単10位・複38位)は、今年のマイアミオープンで優勝している、ジョン・イズナー(アメリカ/単33位・複19位)と再タッグを組む。

 シングルス上位選手がダブルス巧者のペアと、いかに戦っていくのかを見るのは面白いし、ダブルスでは選手の素顔が垣間見れることが多いので、今後も単複ともに出場してほしいものだ。

構成●スマッシュ編集部

【PHOTO】アルカラス、チチパスら、ウインブルドン2022で活躍した男子選手たちの厳選写真を公開!

関連記事(外部サイト)