「馬鹿にする人間を見過ごすつもりはない」名手メドベージェフが敗戦後に「お前は負け犬」と言ったファンとのやり取りを語る!<SMASH>

「馬鹿にする人間を見過ごすつもりはない」名手メドベージェフが敗戦後に「お前は負け犬」と言ったファンとのやり取りを語る!<SMASH>

前週大会の敗戦後に起こった出来事について説明するメドベージェフ。(C)Getty Images

現在開催中の男子テニスツアー「ウェスタン&サザン・オープン」(8月14日~21日/アメリカ・シンシナティ/ハードコート/ATP1000)に出場する世界ランク1位のダニール・メドベージェフ(ロシア)が大会開幕前の記者会見に出席。先週のナショナル・バンク・オープン2回戦敗退後にあるファンから心ない言葉を浴びせられたと明かした。

 モントリオール大会の2回戦でニック・キリオス(オーストラリア/現28位)と対戦し、大接戦の末に逆転で敗れたメドベージェフ。その彼が会場を後にしようとした際に事件は起きた。米スポーツ専門メディア『Sportskeeda』によると、会場の出口付近に立っていたある男性ファンが最後まで必死に戦い抜いたメドベージェフに向かって「お前は負け犬だ」とヤジを飛ばした。この時の映像はすでにSNS上でも拡散されている。

 動画ではメドベージェフがその男性に近寄り、数十秒間にわたって何かを話す姿が捉えられていた。一時騒然とした雰囲気になったものの、最終的には近くにいた警備員が止めに入り、メドベージェフはその場から立ち去った。

 ちなみに動画内でメドベージェフが男性に話した内容については声が鮮明に聞き取れなかったために明らかになっていなかった。このほど会見に応じた世界王者は、当時の状況を以下のように詳しく説明している。
 「僕は彼に近寄って『何が問題なんだ』『どうして負け犬だなんて言うんだ?』と尋ねたんだ。『そんなことを言うのはやめてくれ』とも言った。また暴言を吐いた男性の隣に父親がいたが、彼も一緒になって僕に意地悪なことを言っていたんだよ」

 続けてメドベージェフは自身がトップ選手であることを踏まえたうえで「有名になればそういった事件に遭遇する可能性は高くなる」と認めつつ、選手に尊敬の念を示さないファンに対しては「場所に関係なく、しっかりと対応するつもりだ。自分を馬鹿にする人間を見過ごすつもりはない」と強調した。

 実はメドベージェフに勝利したキリオスも上記の事件については苦言を呈しており、8月15日に更新した自身のツイッター(@NickKyrgios)で「ひどい振る舞いだ。彼(メドベージェフ)は今このスポーツで最高の選手だ。ファンは選手にリスペクトを示す必要がある」と投稿している。

 なおシンシナティ大会に第1シードで出場するメドベージェフは初戦となる2回戦で世界24位のボティック・ファンデ・ザンツフープと対戦する。周りの雑音をうまくシャットアウトし、北米ハードシーズンの最終地点である全米オープンへ向けて弾みをつけてほしいところだ。

文●中村光佑

【PHOTO】全豪オープン2022で活躍した男子選手の厳選ショットを一挙公開!

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?