「心構えが変わりました」パートナーと“試合を楽しむ”気持ちを取り戻した加藤未唯が4週連続の好成績!<SMASH>

「心構えが変わりました」パートナーと“試合を楽しむ”気持ちを取り戻した加藤未唯が4週連続の好成績!<SMASH>

バンクーバーのWTA125を制した加藤未唯/マホメド組。2人の個性がうまく噛み合い、初ペアながら全試合ストレート勝ちで頂点へ! 写真提供:加藤未唯

楽しい時、うれしい時、彼女は文字通り飛び跳ねて、無邪気な笑みを顔中に広げる。

 全米オープンテニスに先駆けて、カナダ・バンクーバーで開催された「バン・オープン」。今年からWTAチャレンジャー(125シリーズ)に昇格したこの大会で、加藤未唯は幾度も飛び跳ね、そのたびに客席からは大歓声が湧き起った。

「それは、お客さんが理由ですね。あんな盛り上がってくれるのは、カナダやアメリカの北米くらい。特にこの大会は、すごくお客さんが来てくれるので。これは楽しいです」

 笑顔の理由を、彼女は端的にそう述べた。

“楽しい”は彼女にとって、好プレーに欠かせぬファクターだ。もとより身体能力に優れ、ジャンピングボレーやスマッシュなど、派手なプレーが得手なタイプ。その“魅せる”プレーに観客が沸き、すると観客の声を追い風として、コート狭しと小柄な身体が躍動する。テニス愛好家が集うバン・オープンは、そんな好循環を彼女にもたらす格好の舞台だ。
  初めて組んだパートナーのエイジア・マホメドとの相性も、「楽しい」の重要因子。長身のマホメドがサービスで崩し、前衛で加藤が自由に動く。そのパターンが噛み合い、快勝を重ねた先の決勝戦で、2人はティメア・バボス/アンジェラ・クリコフ組との対戦を迎えた。

 バボスは、グランドスラム複4度の優勝を誇る元世界1位で、クリコフは米国大学上がりのダブルス巧者。相手も同大会で初めて組むペアながら、強敵なのは間違いなかった。

 元世界1位の実力は、サービスゲームで発揮される。立ち上がり、バボスのサービスでは2ゲームで1ポイントしか奪えなかった。

 そこで加藤とマホメドは、素早く意思を交わし、バボス対策を話し合う。

「ファーストサーブをロブで返し、ストレートアタックも使いながら、2人で下がって対応しよう」

 その策が奏功し始めたのは、バボスの3回目のサービスゲーム。40-0から4ポイント連取でブレークする、最高の形で第1セットを奪取した。
  第2セットに入ると、一進一退の攻防が続く。もっとも、緊迫の展開を満喫するファンの声が、加藤の闘志に火をくべた。「ダブルスでは、ポイントを決めてもあまり声を出すことがなかった」という加藤が、ボレーを叩き込み「ヤッ!」と叫ぶ。

 試合に終止符を打ったのは、マホメドから、「自分の判断で好きなコースに打って」と言われていたリターン。打った瞬間、勝利を確信するこの日一番の声が、青空に上った。

 直近の4大会で加藤が残した戦績は、ベスト4(WTAツアー250)、準優勝(同250)、ベスト4(同250)、そして今回が優勝と好調。その理由を尋ねると、小さく「うん」と自分に確認するようにうなずき、彼女はこう続けた。

「フレンチオープンの前くらいかな。楽しくなってきたんですよ、テニスが。フレンチから組み始めたパートナー(アルディラ・スチアディ)が良い子やし、同じアジア系で文化とかも似ている。そういうのを話してたら楽しいし、一緒にプレーしてても楽しい。それが結果にも出ているのかなと思ったり」
 「以前は、月曜日が来るたびに『また試合か……』と思ってたんですが、今は『明日は試合か!』と、前向きに臨めている。心構えが変わりましたね。やっぱりパートナーによって、楽しいかどうか決まってくるのかなって」

 気の合うパートナーを得たことでテニスの楽しさを思い出し、勝利を得ることで、他のパートナーとも楽しみプレーする余裕が生まれる。

 自らが生んだ好循環の波に飛び乗り、生粋のエンターテイナーは、さらなる楽しみと勝利をつかみ取りに行く。

取材・文●内田暁

【PHOTO】日本女子テニス界のアイドル、加藤未唯の厳選フォトをお届け!
 

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?