【全日本ジュニアテニス】各年代の男子シングルス4強が出揃う。18歳以下でノーシードが躍進<SMASH>

【全日本ジュニアテニス】各年代の男子シングルス4強が出揃う。18歳以下でノーシードが躍進<SMASH>

今年から今大会のアンバサダーに就任した錦織圭からのメッセージ。

全てのジュニア年代の頂点を決める「ユニクロ 全日本ジュニアテニス選手権2022」が8月23日から30日まで ITC靱テニスセンターと江坂テニスセンターで開催されている。8月28日には各年代のシングルスとダブルスの準々決勝が行なわれた。

 男子は18歳以下の第1シード原﨑朝陽と第2シードの髙妻蘭丸が順調に勝ち上がっている中、ノーシードの中西康輔がシード選手を破ってベスト4入りを決めている。16歳以下は混戦模様だが、14歳以下と12歳以下はおおむね上位シードが駒を進めている。男子シングルス準々決勝の結果をお伝えしよう。

■18歳以下男子シングルス・準々決勝の結果
原﨑朝陽①(ノアTA神戸垂水) 6-0,6-3橋本圭史⑤(フミヤエース市川TA)
山本夏生➅(トップランAIOI)0-6,6-1,6-2 松村康太郎(TENNIS SUNRISE 朝霞)
中西康輔(岡山理科大学付属高) 6-3,2-6,7-6(8) 坂本日色⑩(トップランAIOI)
髙妻蘭丸②(大分舞鶴高)  7-5,7-6(1) 佐々木唯人⑦(ISHII TA)

■16歳以下男子シングルス・準々決勝の結果
富田悠太⑤WC(ノアTA神戸垂水)6-3,7-5 遊川大和⑰(関西高)
伊藤 拓⑨(新田高) 6-3,6-2佐藤 怜(レイムTC)
神山宏正⑦(TEAM YONEZAWA) 6-4,6-4 前田透空⑭(TTC)
武藤守生⑩(福岡パシフィックTA) 6-1,3-6,6-4 木村冬茉(北陸高)
 ■14歳以下男子シングルス・準々決勝の結果
戸邉悠真①WC(TTC)2-6,6-2,6-1 西山蒼司⑩(T.K.C JrA)
尾崎奏多③(ラボキッズJr.)6-2,6-0 義基 耀⑧(三重GTC)
川西飛生④(TEAM KIT) 6-4,7-5 松村 怜➅WC(あおやま庭球塾)
田畑遼⑤WC(むさしの村LTC)6-1,6-1 西野凌平(星田TC)

■12歳以下男子シングルス・準々決勝の結果
石井千博①(SYS TC)  7-5,6-1 平野悠大(パブリックTイングランド)
川口孝大③(はちおうじ庭球塾)6-3,6-0 川村准椰⑫(はちおうじ庭球塾)
橋本大輔④(善福寺公園TC)  6-3,6-3 久原一馬⑧(ウィルTA瀬戸)
山口慶二(YELL) 6-1,6-1 松村 侑⑤(あおやま庭球塾)

構成●スマッシュ編集部

【PHOTO】錦織、伊達も!日本人トッププロたちの“懐かしジュニア時代”の秘蔵写真をお届け!

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?