野口莉央が逆転勝利で今季ITFツアー3大会目の優勝を果たす【UCHIYAMA CUP1週目】<SMASH>

野口莉央が逆転勝利で今季ITFツアー3大会目の優勝を果たす【UCHIYAMA CUP1週目】<SMASH>

シングルス決勝を戦った野口(左)と関口(右)。(C)UCHIYAMA CUP/長浜功明

北海道・札幌市にて2週にわたり開催されているITFワールドテニスツアーM25「UCHIYAMA CUP」。9月4日は、1週目のシングルスとダブルスの決勝がそれぞれ行なわれた。

 シングルスの決勝は第1シードの野口莉央と、第7シードの関口周一との対戦。接戦を制して勝上がってきた関口に対し、野口は失セットゼロで決勝まで進んできた。第1セットを落とし、第2セットも1-4とリードされた野口だったが、そこから挽回し4-6、7-5、6-2で逆転優勝を果たした。

 優勝した野口は、「今シーズンこれで3回目の優勝、1つ準優勝があり、この結果にはちょっとびっくりしています。チャレンジャーを主体に回ったり、用具を変えたこともあり、以前よりサービスが良くなっていて、キープがしやすくなっているところが(好成績の)要因かと思います」と、好調の要因を語った。
  ダブルス決勝は、第4シードの仁木拓人/柚木武組が、第2シードの川上倫平/田島尚輝組に3-6、6-4、10-8で勝利した。

 大会2連覇となった柚木は「(2連覇は)本当にうれしいです。6月のITFの初優勝が仁木さんとのペアで、色々コミュニケーションを取りながら役割分担をしてプレーできるのがいいダブルスになっています。来週また仁木さんと組むので、明日から練習してフレッシュな状態で臨みたいです」と、2週目の大会に向けてリセットを誓っていた。

 今大会は現役プロの内山靖崇が主宰している大会で、今年からITFの国際大会となり、2週連続で開催されることになった。9月4日からはすでに2週目の予選が開始されている。

構成●スマッシュ編集部

【PHOTO】内山靖崇のバックハンドリターン、ハイスピードカメラによる『30コマの超分解写真』

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?