日本代表をどう変える? 添田豪“新監督”が描く強化ビジョン「新たな選手をトップ100に行かせなくてはいけない」<SMASH>

日本代表をどう変える? 添田豪“新監督”が描く強化ビジョン「新たな選手をトップ100に行かせなくてはいけない」<SMASH>

今現在、現役選手である添田豪が、来季からデ杯監督に就任することが決まった。「日本を強くしなければいけないという使命感」から、自ら志願したという。(C)Getty Images

去る8月18日。日本テニス協会は、来季からのデビスカップ日本代表監督に、添田豪が新たに就任すると発表した。

 先日、誕生日を迎えたばかりの38歳。世界ランキング474位。最高位は2012年に記録した47位。まだ現役ではあるが、10月の全日本選手権を最後に第一線を退くことを決意したうえでの、新たなキャリアへの門出だった。

 4年前には、全日本男子プロテニス選手会の発起人となり、自ら初代会長に就任。寡黙で涼しげな風情とは裏腹に、内には熱い想いをたぎらせる。

 その背で仲間や後進たちに一つの道を示してきた彼は、日本代表監督として何を目指し、どのような未来を描こうとしているのか? 秘めた想いを、言葉で紡いでもらった。

―――◆―――◆―――

 何を尋ねても立て板に水で、淀みなく答えが返ってくる。その清涼感溢れる言葉の数々に、彼が監督就任を決意して以降、いかに自身に多くを問いかけ、深慮を重ねてきたかがうかがえた。

 実際に本人も、「はい、すごく考えています」と控えめに笑う。その「考え」の始まりとは――。

「監督になりたいと思い始めたのは、今年の4月頃です。それまでは、全くそんな考えはなかったのですが、ちょうどその頃、現役を辞めようかと考え始めまして……」
 「今年の始めまでは本当に、できればあと2年くらいは現役を続けたいと思っていたんです。でも、ちょっとランキングが落ち始め、厳しいと感じたのが4月頃。ちょうどその数か月前に、来年から協会も新体制になるという話を聞いていたので、だったら監督になろうかなと。突然、やってみようと思ったというのが、正直なところです」

「僕自信、一度スイッチが入ると、結構そっちに全力でモードが切り替わっちゃう方なので」――そう言い“新監督”は自嘲気味に笑う。「それからは、監督になりたい一心だった」という彼は、協会に自ら監督を志願するまでになった。

 かくのごとく決断そのものは、スイッチが切り替わるように、ある瞬間に唐突に訪れたという。だが源泉となるパッションそのものは、選手生活を通じて蓄積され、長い月日をかけて圧力と熱を高めていた。

「選手会設立の頃から、思いや行動は今につながっていると思います。その当時から、日本のテニスに対して危機感を覚えた部分もあったし、下の選手のことも考えるようになったので。もちろん当時は自分も現役だったので、自分も含めた選手の環境改善が選手会設立の目的でした。そこから選手を退くことを考えた時、日本を強くしなくてはいけないという使命感が出てきたのは確かです」 その芽生えた使命感を、彼は即座に行動へと昇華する。

「去年くらいから遠征を回るなかで、自分のことを考えつつも、後輩の結果や悩みも気にかけていました。周りの手助けもしたいなという思いが芽生えてきたなかで、やるのであれば、自分の人生の中で思い切ったことを、この年齢でやりたいなというのもあったんです。

 今の年齢でやる方が色んなプレッシャーや苦労にも耐えられるんじゃないかなと思い、コーチではなく、あえて監督を決断しました。ここで何年かテニス界を離れて戻ったとしたら、自分の感覚が薄れてしまうと思ったし、現役終わってすぐの方が色んなことを伝えやすいかと思ったんです。実際に今ならコートに立ってヒッティングもできる。そういうことも含めて、選手の手助けできるのではと思いました」

 選手としてツアーを回り、若い世代とも交流し、その中で感じてきたという「日本のテニスに対する危機感」。それは具体的には、どのようなものだろうか? 

「やはり西岡(良仁)の次に、100位に入った選手がいないこと。なので僕も監督になったら、そこは意地でも、新たな選手をトップ100に行かせなくてはいけないと思っています。僕が100位に入った時は、やはり(錦織)圭がトップを走ってくれたなかで、僕らもそこに追いつきたいという思いが間違いなくありました。そこが一番大きかったと思います」
 「ただ同時に自分を客観的にも見ていたところもあって、圭はちょっと特別というか、あんなに簡単に100位に入れることは滅多にないとも思っていました。だから僕が思ったのは、自分は地道に行かなくてはということ。長期目線で、3〜5年かけてトップ100に入る計画を立てていました。練習もハードだったし、コーチたちとも互いに情熱を持ってやっていた。そこから(伊藤)竜馬や杉田(祐一)も続いたので、すごく良い流れだったと思うんですね。

 今はそのあたり、100位に対するハードルが、悪い意味で下がっている気がします。普通にツアーを回っていれば入れるんじゃないかという、何となく……変な慢心にも似た空気になっちゃっているかもしれないんですね。だからここでもう一度、どれだけ大変かを、コーチや僕も含め考えなくてはいけない。

 海外の選手も含め、皆ものすごく努力しているので、年々100位に入るハードルは上がっている。だから今まで以上に、練習の質や量、計画性も含め、もっと緻密にやらないと難しいと思っているんです、正直なところ」

 錦織圭に牽引されるように、長く日本人選手にとっての壁であったトップ100圏内に、6人もの選手が飛び込んだのは2010年台のこと。ただ、本来ならメンタルバリアを取り除くはずの成功体験が、緊張感を弛緩させたという添田の見解は深く鋭利だ。 その壁を再び突破するために、「今まで以上に厳しく、細かく意識を持ってやれば」と言う添田は、自分に言い聞かせるように「うん」と頷くと、「数年後……すぐにはとは思わないんですが、少なくても2年後、3年後には、最低でも1人は行かせたいと思います」と続けた。

 そのための下準備は、既に始まってもいるだろう。ただその前に、今は集中しなくてはいけないことがある。それはもちろん、彼自身のキャリア集大成となる、10月の全日本選手権だ。

「8月上旬のSBCドリームテニスが終わってから2週間はテニスも休んでいたのですが、そこから練習を再開して、少しずつ身体を仕上げていく感じで。全日本前のどこかで、海外に1大会出ることを考えています。最後の全日本は、優勝目指して有終の美を飾りたいと思いますし、有観客なら家族やスポンサーに最後を見せて終わりたいなというのはあります」

 20年に及ぶプロキャリアに幕を引こうとする彼に、思い出深い試合を尋ねてみた。

「楽天オープンでやったジョコビッチ戦と、圭との試合……やはり、国内の試合が思い出に残っていますね。あとはやっぱり、デビスカップ。1つだけというのは、正直挙げられなくて。勝った試合も印象に残っているけれど、負けた試合の方が自分の中で強く残っています」
  思えばデビスカップでの添田は、チームの命運がかかった試合を幾度も戦い、そのたびに勝っても負けても、見る者の心を打つ死闘を演じてきた。爪が剥がれ、ソックスを血で染めながらも最後まで走り切ったのは、国を背負い仲間の声援を背に受ける、デビスカップ特有の緊張感と一体感ゆえだった。

 それほどに選手として強い思い入れがあったからこそ、次は監督として、夢を叶えたいとの思いは誰よりも強い。

 添田新監督が目指す地点とは? そして、日本男子テニスを導くビジョンとは? その問いにも彼は、間を置くことなく、即答した。

「まずは計画性を持って、2年後、4年後、6年後と区切って考えていきたいと思っています。一戦一戦で集中し勝ちにいくのはもちろんですが、このスパンで考えれば、良い流れでうまく世代交代もできると思っています。もちろん圭や西岡、ダニエルが6年後まで強ければ良いですが、そうもいかないでしょう」

 だから……と、彼は少し言葉を区切ってから、断固たる口調で続けた。

「強い日本、層の厚い日本にすることが、僕の使命だと思います」と。

取材・文●内田暁

【PHOTO】添田が思い出の試合に挙げたジョコビッチ戦ほか、2019楽天オープンでの日本選手プレー集
 

関連記事(外部サイト)